授業科目

化学概論
Essential Chemistry 

担当者

教授   川本 達也
後 火1

単位

2

到達目標

化学は物質とその変化について取り扱う科学である。本講義の到達目標は、受講生が物質を理解するうえで必要な化学的視点を身につけることである。
理学部では、社会の中核として活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを編成しており、本講義はその中で、特定領域に偏ることなく化学の学問領域を大まかに網羅することで、化学の基礎から物質の化学的知識を身につける役割を持つ。化学の科目を履修しようと計画している者は、本科目を先に履修することが望ましい。

授業内容

広い分野の学生の背景と要求を考慮し、私たちの身の回りのものや現象を理解するために必要な化学の基礎を学ぶ。

授業計画

各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
毎回の予習と復習が推奨される。予習としては、次回の参考書該当頁を予め読んでくること、また、復習としては、講義時に行った練習問題および小テストの内容をしっかりと理解することが最も効果的である。
なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。
1. 化学の役割
2. 物質の性質
3. 電子配置と周期表
4. 物質量
5. 化学結合および、これまでの内容について小テストを実施する。
6. 気体・液体・固体および、前回の小テストの解説を行う。
7. 気体と溶液の性質
8. 熱と化学反応
9. 反応の速さおよび、1回目の小テスト以降の内容について小テストを実施する。
10. 化学平衡および、前回の小テストの解説を行う。
11. 酸と塩基
12. 酸化と還元
13. 光と色の化学および、2回目の小テスト以降の内容について小テストを実施する。
14. 環境とエネルギーと総合演習および、前回の小テストの解説を行う。

授業運営

全て講義形式による。
資料を配布し、パワーポイントと板書で講義する。

評価方法

定期試験(85%)と小テスト(15%)により評価する。持ち込み不可。
定期試験の解答内容についての問い合わせは、試験後個別に受け付けるので、今後の学習に活用して欲しい。

オフィスアワー

月曜日の15:30以降(会議等の時間を除く)、2号館228研究室(内線2712)へ。

参考書

井口洋夫ほか『これだけはおさえたい化学』[実教出版]
石倉洋子・石倉久之訳『化学』[東京化学同人]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.