授業科目

社会教育計画
Social Education Planning 

担当者

講師   秦野 玲子
後 木1

単位

2

到達目標

 この授業は社会教育主事任用資格を取得するために必要な知識を得て、実際の業務に就いた時に活かせるよう次の3点を到達目標とします。
 ①生涯教育計画の役割について説明ができる
 ②社会教育行政の役割と社会教育計画について課題と展望を説明できる
 ③社会教育個別事業計画立案に必要な基礎知識を習得し、講座プログラムを作成できる

授業内容

この授業は、前期の社会教育計画Ⅰとともに、社会教育主事の基礎資格を取得するための必修科目です。そのため、現実の社会教育や学習支援の活動に生きるような、実践的な知識と態度を身につけることをねらっています。社会教育計画の概観と、計画の基礎をなす、事業プログラムの作成について経験的に学べるような授業を行います。

授業計画

 この授業は次のように予定しているが、演習の内容等によって、若干前後する場合があります。
第 1回  社会教育計画をより理解するための導入 
     授業計画の説明と導入的な演習の実施
第 2回  生涯学習計画、社会教育計画の意味の再確認
     後期授業を進めるうえでの基礎的知識について再度確認し理解を深める
第 3回  学習者の属性理解
     学習者の属性を理解し、学習プログラムに反映できるようにする
第 4回  学習者の発達段階の理解
     発達段階に応じた学習支援の仕方を学ぶ
第 5回  社会教育施設と事業 1  博物館の事業を考える
     博物館の役割理解と役割に応じた企画を演習で考えます
第 6回  社会教育施設と事業 2  図書館の事業を考える
     図書館の役割理解と役割に応じた事業を演習により考えます
第 7回  特色ある学習プログラムの理解 1 体験的な演習
     体験的な演習を含む学習プログラムについてその内容や課題を学ぶ
第 8回  特色ある学習プログラムの理解 2 参加体験型プログラムの課題
     参加体験型の事業プログラムについて、課題を見つける
第 9回  学習プログラムの評価演習
     学習プログラム立案の際に必要な評価項目について演習により学ぶ 
第10回  社会教育計画個別事業プログラム作成演習 1 立案の基礎の確認
     学習者の属性や発達課題に基づいた事業のあり方を学ぶ
第11回  社会教育計画個別事業プログラム作成演習 2 運営の工夫の確認
     学習者の属性や発達課題に応じた運営を考える演習をする
第12回 計画の発表と相互評価(作成したプログラムをグループ間で発表)
     互いの運営の工夫や作成したプログラムを相互評価することで課題を見つける
第13回  相互による評価に基づく改善策の検討
     前回の授業で見つけた課題に基づき改善策を検討する
第14回  まとめ
     授業時間内でミニテスト付レポートを記述し、その後、解説と総括をする

授業運営

 講義のみでなく、可能な限り、双方向型の授業運営になるようにします。
 また、実際に計画を立案する演習を交えるので、授業への積極的な参加を求めます。

評価方法

 毎回のミニレポートやワークシート、計画作成演習、まとめのレポートによって行います。(ミニレポート・ワークシート40%、計画作成演習30%、レポート30%)
 
 *ワークシートに授業で学んだ概念が反映されているかを評価します。
 *演習での積極的な発言や、積極的に役割を分担しているかどうか評価します。
 *授業進行と関係のない私語や携帯端末の使用は平常点の減点対象とします。
 *100分が意味あるまとまりのため、原則として遅刻は出席と認めません。やむを得ない理由がある場合、必ず申し出てください。
 *4回以上欠席した者は評価の対象としません。

オフィスアワー

 pt125475@kanagawa-u.ac.jp にメールで質問が可能です。

 時間的に可能であれば授業時間前後に教室で質問等に応じます。

使用書

適宜プリントを配布します。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.