授業科目

博物館展示論
Theory of Museum Exhibition

担当者

講師   羽毛田 智幸
後 月2

単位

2

到達目標

博物館の中では、もっとも観覧者の目に触れる機会が多い「展示」という面について、日本の博物館における展示の歴史的変遷や、現代の博物館で実際に行われている企画展示や常設展示の方法や仕組みを理解する。また、学芸員として実際に展示を行うにあたって必要となる、基礎的な展示知識を形成する。

授業内容

博物館学芸員資格取得のために、博物館展示について基礎的な内容を学ぶ。展示、教育普及、調査研究、収集保管など、博物館の基本的な機能にと併せて解説し、学芸員として博物館の仕事をしていく上で必要な知識が身につくように進める。

授業計画

=講義項目=
1 展示とはなにか ①日本における展示の歴史 ②博物館機能の展示の意義 ③調査研究の場としての展示 ④展示と地域社会
2 さまざまな展示の分類 ①常設展示と企画展示 ②館種による展示の違い
3 展示設備と見学者 ①ケースの選び方 ②照明の役割 ③見学者の目線 
4 企画展示 ①展示計画 ②資料の収集・調査 ③基本・実施設計
5 企画展示 ④資料の借用 ⑤展示制作 ⑥展示の評価
6 常設展示 ①展示計画 ②資料の収集・調査 ③基本・実施設計 ④展示制作 ⑤展示の評価 ⑥改善・更新(リニューアル)
7 展示のデザイン・技術 ①パネルやキャプションデザインの基礎 ②こどもや障害者などの特定層にむけたデザイン
8 展示のデザイン・技術 ③展示を解説する ④デジタル技術 

=発表・討論=
9 博物館の展示分析 受講者による博物館展示の事例分析をもとに討論①
10 博物館の展示分析 受講者による博物館展示の事例分析をもとに討論②
11 博物館の展示分析 受講者による博物館展示の事例分析をもとに討論③
12 博物館の展示分析 受講者による博物館展示の事例分析をもとに討論④

=実技・体験=
13 展示を伝える ①展示図録やリーフレットを執筆する ②印刷物製作
14 展示を伝える ①解説パネルを執筆する ②資料キャプションを製作する

授業運営

講義は基本的にはプリントを配布し、適宜プロジェクターを併用しながら進めます。 授業計画に記載した14回分の内容をもとに進めていきますが、必ずしも番号順に進むとは限りません。進度によって、講義形式60分+発表・討論形式(実技・体験形式)40分などのように、1コマの中でバリエーションの違う授業スタイルを含む場合があります。

また、写真や映像などのスライドだけではなく実物資料による講義や、実習的な内容を含む場合があります。 希望者には、授業時間外での実際の博物館展示の見学を行います。受講者には博物館展示の見学による事例分析の発表を課す他、積極的な授業への参加を求めます。

評価方法

定期試験は行いません。期末のプレゼンテーション40%、講義中のコメントシート30%、講義中の制作物・課題30%。なお、講義を5回以上欠席した場合は評価の対象としません。

オフィスアワー

講義終了後、教場または講師控え室で受け付けます。

使用書

必要に応じて紹介します。

参考書

必要に応じて紹介します。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.