授業科目

博物館経営論
Theory of Museum Management

担当者

講師   田中 裕二
前 集中

単位

2

到達目標

地方自治体が設立した公立博物館は直営・指定管理者制度・地方独立行政法人の3つの運営形態から選択をすることとなった。それぞれの運営形態にメリット・デメリットがあるが、上意下達ではなく自主的・自律的な経営判断が求められる時代となってきた。経営的視点からみて博物館の基礎的な組織や機能を学ぶだけではなく、博物館運営に係る幅広い視野を持ち、国内外の事例を検証しながら実践力を養うことを目標とする。

授業内容

講義担当者が勤務する公立博物館の事例を中心に、国内外の博物館を取り巻く社会的環境の変化、特に指定管理者制度下の博物館が抱える諸課題を検証する。人材、組織、予算や事業内容など、現場の実務に対応した内容で講義を進める。講義形式を基本とするが、出来る限り出席者が意見を述べる機会を設け、活発な意見交換の場としたい。

授業計画

第1回 公立博物館を取り巻く環境1:なぜミュージアム・マネージメントが必要とされているのか
第2回 公立博物館を取り巻く環境2:指定管理者制度の導入と課題
第3回 博物館の使命,事業計画の策定と評価:外部評価,PDCAサイクル
第4回 博物館の人材,組織,予算
第5回 博物館の施設,設備,危機管理
第6回 地方自治体の運営形態事例と課題
第7回 地方独立行政法人の導入と課題
第8回 展覧会マネジメント1:展覧会ができるまで
第9回 展覧会マネジメント2:展覧会の仕組み
第10回 博物館経営の手法:広報,マーケティング,利用者調査
第11回 ミュージアムショップとレストランの管理運営
第12回 ファンドレイジング:外部資金の導入
第13回 海外博物館の事例紹介
第14回 博物館経営の展望と課題:授業の総括と試験

授業運営

講義形式を基本とする。資料を配布するが、配布資料に全ての内容が書かれる訳ではないので、適宜必要と思われる事項はメモを取りながら講義を受けること。携帯電話の電源は切ること(マナーモード不可)。

評価方法

第14回目に試験を実施する。講義内容の理解度、記述内容の正確さ、論点の整理、結論への展開方法等で評価する。講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。試験80%、授業中の発言参加20%。

オフィスアワー

質問や疑問がある場合は、授業終了後、その場で受け付ける。講義終了後は、下記メールアドレスでも受付ける。yuji.tanaka1868@gmail.com

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.