授業科目

教科教育法(数学)
Teaching Methodology  (Mathematics) 

担当者

講師   榎本 里志
前 水4
講師   岸谷 正彦
前 金1/金2

単位

2

到達目標

中学校と高等学校の数学教育の目標と内容を理解する。また、さまざまな数学教育理論を理解する。

授業内容

学習指導要領における中学校と高等学校の数学の目標と内容編成について理解し、さらに今日に至る学習指導要領の変遷についても理解する。
そして、認知と数学理解、構造に着目した問題解決、論証指導のあり方、概括的な意味理解による問題解決、
現代数学的視点から見た学校数学、数式処理システム利用、コンピュータによる図形の動的処理、プレゼンテーション・ツール活用、
さらに数学への態度・信念などを含めた文化の中での数学的活動の各テーマを通して、今日求められている数学教育のあり方を理解していく。
毎回授業の冒頭に各回のテーマに沿った講義を行い、それを基にして受講生とともに討議を行い、テーマに関する理解を深めていく。
そして毎回小レポートを作成する。

授業計画

毎回の授業で予習・復習に相当する内容の課題を課すため、4時間以上の自宅学習が必要である。
予習について。講義の資料は講義の1週間前までに配布するかあるいは入手できるようにするので、授業前によく読んで、
はっきりしないところ、わからないところ等はよく調べ、授業中に質問する事項を明確にしておくこと、そして授業中にわかるまで議論していくこと。
復習について。毎回小レポートを作成する。この授業は中学校や高等学校で行う数学の授業の仕方を身につけていくことを目指すものであるから、
復習のふりかえりでは、とくに、自分が授業を行うとしたら、今回やった授業内容をどのように活かしていくのか、
自分が行う模擬授業にどのように活かしていくのかという観点から考えるようにすること。
言いかえれば、自分がどういう授業を行いたいのかということとつなげて復習していくこと。
講義内容を活かした授業展開をひとつ、中学校または高等学校の数学の授業として考えることが望ましい。
具体的な学習指導案の作成については、後期の教科教育法Ⅱ(数学)の授業で説明するが、指導案に近いものを作成することが、
授業づくりを考えていくうえで有効である。

第1回: オリエンテーション(シラバスの記載事項について確認し、そのあと数学教育を概観する。)
第2回:学習指導要領・数学の変遷
第3回:人の認知と数学の理解
第4回:構造に着目した問題解決
第5回:論証指導のあり方
第6回:概括的な意味理解による問題解決
第7回:現代数学的視点から見た学校数学
第8回:数式処理システムの利用
第9回:コンピュータを活用した図形の動的処理
第10回:プレゼンテーション・ツールの活用
第11回:数学に対する態度・信念
第12回:数学的活動
第13回:文化の中の数学
第14回:受験指導のあり方と虚しい優等生 及び まとめ

授業運営

授業の冒頭に各回のテーマに沿った講義を行う。それをもとにして、受講生とともに討議を行い、テーマに関する理解を深めていく。
復習として、毎回小レポートを作成する。そして学期末に授業内で提示された資料等を利用して課題について調べまとめてレポートする。

評価方法

授業ごとの小レポート(50%)と学期末のレポート(50%)によって評価する。

オフィスアワー

授業の前後に受け付ける。

使用書

初回授業で紹介する。

参考書

根上生也、中本敦浩『基礎数学力トレーニング』[日本評論社]2003
根上生也『計算しない数学』[青春出版]2007
根上生也、桜井進『計算しない数学、計算する数学』[技術評論社]2007
『中学校学習指導要領』[文部科学省]平成29年3月告示、『高等学校学習指導要領』[文部科学省]平成30年3月告示、『高等学校学習指導要領』[文部科学省]平成21年3月告示

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.