授業科目

教科教育法(数学)
Teaching Methodology  (Mathematics) 

担当者

講師   平田 治夫
後 水1
講師   山本 孝
後 金1

単位

2

到達目標

「数学とは何か?」という本質を理解し、その上に立った授業設計を行う方法を身に付ける。

授業内容

「数学とは何か? どのような学問であるか」について下記授業計画のテーマにしたがって講義を進める。ただし、一方的に講義するのでなく、受講生に自分の考えを述べさせ、受講生の間で意見を交換させたりし理解を深める。それに基づいて、最後の2回で模擬授業を行い、授業分析する。毎回、小レポートを作成してもらう。

授業計画

毎回の授業で予習・復習に相当する内容の課題を課すため、4時間以上の自宅学習が必要である。
予習について。講義の資料は講義の1週間前までに配布するので、授業前によく読んで、はっきりしないところ、わからないところ等は調べ、授業中に質問する事項を明確にしておくこと。
復習について。この授業は中学校や高等学校で行う数学の授業の仕方を身につけていくことを目指すものであるから、復習は、とくに、自分が授業を行うとしたら、今回やった授業内容をどのように活かしていくのか、自分が行う模擬授業にどのように活かしていくのという観点から考えるようにすること。言いかえれば、自分がどういう授業を行いたいのかということとつなげて復習していくこと。講義の回ごとに、学習指導案を1つ以上作成しておくこと。できれば、中学校と高等学校のそれぞれで1単元分の指導計画を含めて全授業分の学習指導案を作成するようにすることが望ましい。

第1回:オリエンテーション(シラバスの記載事項について確認し、その後授業全般の説明を行う。)
第2回:数学的ものの考え方 Ⅰ:方程式
第3回:数学的ものの考え方 Ⅱ:関数
第4回:数学的ものの考え方 Ⅲ:図形
第5回:数学的ものの考え方 Ⅳ:確率
第6回:実数とは何か
第7回:式と証明について
第8回:複素数とは何か
第9回:図形と方程式について
第10回:微分法、積分法について
第11回:ベクトルについて
第12回:数学とは何か
第13回:授業分析(中学)
第14回:授業分析(高校)

授業運営

上に記したように、講義中心とし、受講生の発表・意見交換も行う。レポート作成もしてもらう。

評価方法

授業への取り組み50%、レポート50%。

オフィスアワー

授業の前後に受け付ける。

使用書

初回授業で紹介する。

参考書

『中学校学習指導要領解説 数学編』[文部科学省]平成29年7月
『高等学校学習指導要領解説 数学編』[文部科学省]平成30年
『高等学校学習指導要領解説 数学編』[文部科学省]平成21年11月
『中学校学習指導要領』[文部科学省]平成29年3月告示、『高等学校学習指導要領』[文部科学省]平成30年3月告示、『高等学校学習指導要領』[文部科学省]平成21年3月告示

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.