授業科目

基礎物理学
Intoroduction to Physics 

担当者

講師   海浦 隆典
後 土3/土4

単位

2

到達目標

 本学の教育理念に基づき、暮らしや科学技術、最先端の物理学に関連する電磁気の基礎を学び、電磁気とはどのような学問であるのか、また、自然科学の中で電磁気学はどのような役割をはたしているのかについて理解します。また、この講座を通して物理学により興味を持ってもらい、更に専門的な物理学の履修に役立てて頂きたいと思います。

授業内容

 物理学の電磁気学分野のほぼ全領域を学習します。初めて電磁気学を学ぶ学生にとっても分かりやすいように、電磁気の知識を体系的に理解していきます。物理量の定義とその背景、またいろいろな法則、公式の解釈と歴史的背景についても学びます。特に中学教員志望者に必要な物理現象についての学習も予定してます。

授業計画

本講座全14回の内容は、下記を予定しています。
予習として、各回の内容を高等学校で用いた教科書等を用いて内容を把握しておいて下さい。
物理学を理解するためには計算問題の演習も必要です。復習として、講義時に解いた問題を必ず解き直して下さい。また、宿題(1時間程度で解ける問題)を出します。演習することで理解を深めて下さい。なお、予習・復習合わせて各回あたり宿題を含めて4時間程度の自己学習を想定しています。

01.電場
02.電位
03.物質と電場(静電誘導と誘電分極)、コンデンサー
04.オームの法則(電流、電圧、電気抵抗)
05.直流回路(抵抗の接続・キルヒホッフの法則)
06.流回路(ホイートストンブリッジ・コンデンサーを含む直流回路)・半導体
07.ここまでの内容についての小テスト(50分)を実施する。終了後、解説を行う。
08.磁場・電流のつくる磁場
09.電流が磁場から受ける力
10.ローレンツ力
11.電磁誘導の法則
12.自己誘導と相互誘導
13.交流の発生・交流回路
14.電磁波・質疑応答

※毎回演習/解説・小テストをしたいと思います。必ず復習し理解を深めて下さい。

授業運営

基本的には配布教材(プリント)に沿った講義形式です。講義は、黒板による板書およびパワーポイントの併用で行います。
また、授業時間内に演習(プリント配布)を行い理解を深めていきます。 適時、課題を課し理解度を確認していきます。

 特に使用書(授業で必ず使用する教科書)はありませんが、高校で物理を履修していない場合は参考資料として下記の参考書があると良い。(4回までの内容は高校で使用した「物理基礎」、5回以後は高校での「物理」の教科書の範囲です。)


「もう一度読む 数研の高校物理 第2集」〔数研出版〕

評価方法

主に小テストおよび定期試験(70%)および課題提出(30%)により評価する。

オフィスアワー

授業前(12時30分から13時30分)および、授業中、授業終了後時間の許す限り行う。
また、メール(pt125437@Kanagawa-u.ac )も歓迎します。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.