授業科目

生物化学
Biological Chemistry

担当者

教授   小谷 享
前 火1

単位

2

到達目標

本講義を受講することで、受講生は主要な生体高分子の構造と機能に関して生物学入門者に説明できる程度の知識を身につける。さらに、生体高分子の相互作用によってさまざまな生命現象が編み出される機構について見聞を広める。理学部生物科学科カリキュラムポリシーである「分子から細胞、個体、生態系に至る各階層の生命現象についての講義科目を設置することにより」のうちで「分子」に関する最上級科目である。分子系の下位科目の単位を取得した上で受講するのが望ましい。

授業内容

「生体高分子同士の相互作用の結果として生命現象が生まれる」と言う観点から生体高分子の物理的化学的性質を学ぶのが生物化学である。本講義では基礎生物化学、生物化学Iで得た基礎知識を前提として、さまざまな生体高分子の分子構造と生命現象との関係を深く掘り下げて教授する。前半はまず生体高分子の中で複雑な構造を持つ蛋白質について段階を追って教授する。中盤では核酸、脂質の構造に触れ、後半はこれらの生体高分子が生命現象の種々の局面でどう働くのかを、例を挙げて紹介する。

授業計画

以下の項目について、おおむね1回を充てて順次進行する。低学年の生物化学関連科目を受講した前提で授業を進めるので、事前に該当する科目を予習したうえで臨まねばならない。各回の予習としては、事前に配布された資料の図・表を確認し、未知の学術用語があった場合には調べておく。授業後には、配布資料について授業中に行われた説明を復習して理解度を確認する。資料で用いる図・表は指定の参考書のものなので、参考書を頼りにより深く自習することもできる。単位の取得に当たっては、予習・復習合わせて各回あたり約四時間の自己学習を想定していることに留意せよ。

1.前置き、アミノ酸とペプチド
2.蛋白質の構造(1)
3.蛋白質の構造(2)
4.蛋白質の構造(3)
5.蛋白質の品質管理
6.核酸の構造
7.脂質二重層の構造と機能
8.生体膜の構造と機能
9.触媒活性を持つ分子
10.遺伝子発現にかかわる分子
11.細胞の構造を支える分子
12.生体防御にかかわる分子
13.生体高分子の構造決定法
14. 全体のまとめ

授業運営

講義形式で進める。初回には小テストを実施し、5回目終了後には中間レポートを課す。

評価方法

期末試験で判定するが、小テストと中間レポートにおいて基準以上の成績を上げている事を単位取得の前提とする。(「基準」は採点後に公示する。)

オフィスアワー

月曜日昼休み、および火曜日昼休み。メールでの相談は随時受け付ける。

使用書

指定しない。受講に必要な資料はプリントして配布する。

参考書

B.Alberts 他 著、中村 他 訳『細胞の分子生物学』第4版[Newton Press]
C.Branden 他 著、勝部 他 訳『タンパク質の構造入門』第2版[Newton Press]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.