授業科目

情報科学リテラシー
Information Science Literacy

担当者

教授   海谷 治彦
前 火4-火5

単位

4

到達目標

理学部のカリキュラムポリシーに従い,プログラムを含む情報システム開発を行なうために必要なコンピュータシステムの操作方法の理解と習得が目標である.
具体的には,汎用OSにおけるファイル,プロセス,周辺機器の役割と操作法が理解できることを目標とする.
加えて基礎的なプログラムの構成要素を理解することも目標とする.

授業内容

実際の汎用OSを各受講者が用いて,目標で述べた操作法を実習する.
具体的にはプログラムを含むファイルの生成や削除に必要なコマンドやツール,プロセスを生成,消去するための方法を各自が実習する.
実習は,主に標準入出力を用いた周辺機器の操作を通して行なう.
プログラミング言語は,C言語を用いる.

授業計画

授業は2時限を連続行い,原則,1時限目が講義,2時限目が実習となる.
しかし,2時限が連続した講義や,2時限が連続した実習の回もある.
また授業の内容は進捗に応じて多少前後する.
授業は常に実習を伴うため,必ずPC(ノートパソコン)を持参すること.
理学部の貸与パソコンであることが望ましく,
それ以外の場合は貸与パソコンにインストールされているソフトを,
自身でインストールしておくこと.
情報科学科以外の学生の場合,
貸与パソコンは11号館の3Fで本授業の期間に借りることが可能である.

コンピュータを用いたプログラムや文書開発を行なうため,
まず,予習として,コンピュータによる文書作成の訓練を行なう必要がある.
そして,復習では,プログラム等の計算機処理を自力で繰り返し実施する必要がある.


01. コンピュータにおけるファイル,プロセス,機器の役割の概要.文書ファイル作成および修正の実習.日本語入力を含む.
予習として,PCの起動と終了の仕方を修得しておくこと.
また,OSの機能や性能の更新のためのupdateは適用しておくこと.
復習として,テキストエディタにおける文書作成,および,ファイルの作成,
削除,コピー等を実習しておくこと.
文書は日本語を含むものが望ましいが,英文のタイプを優先して修得すること.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

02. プロセスとプログラムの違いと関係の理解と実習.ノイマン型コンピュータの構成.
予習として,OSの機能や性能の更新のためのupdateは適用しておくこと.
加えて,英文のタイプはタッチタイピングが可能となっていることが望ましい.
https://ayylm.io/typing/
等を用いて修練してもよい.
復習として,PCの動作中のプロセスの観察を行なうこと.
テキストエディタやブラウザ等,身近なソフトが動作していることを確認し,
動作を停止した場合,プロセスが消滅していることも確認すること.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

03. ファイルシステムの構成と操作の実習.操作コマンドの組み合わせの実習.
予習として,GUIを用いてファイルシステムの閲覧を行なっておくこと.
PCより下,もしくはCドライブより下のファイルシステムは入念に観察すること.
復習として,GUIで見えるファイルシステムと,コマンドプロンプト等の,
CUIから見えるファイルシステムの対応を理解せよ.
GUI側で作成し,CUI側でもそれが反映されていることを確認する等が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

04. 最も簡単なC言語によるプログラム開発.printfによる文字列出力.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
変数と整数の計算,整数の入力.式と代入.簡単な数値計算プログラムの開発実習.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

05. 条件分岐.条件式.条件分岐を含むプログラムの開発実習.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

06. Whileによる繰り返し.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

07. 手続きプログラムの構成を整理.問題文(仕様書)をプログラムへ翻訳するこつについて.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

08. 数値配列. Forによる繰り返し.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

09. 整数以外のデータ型(実数,文字等).文字配列.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

10. 構造体.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

11. 神奈川大学 PCルームの利用.
予習として,自信のMNSアカウントのユーザー名とパスワードを確認し,
例えば Webstation 等にログインし,その正しさを確認せよ.
復習としては,大学のPCルームでタイピング練習ソフト等の実行を行なえ.
また,貸与PCとPCルームのPCとでのファイルの共有の実習も行なってみよ.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

12. 基礎的なアルゴリズム: ソート等.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

13. 統合開発環境(IDE)とデバッグ.
復習として,コマンドプロンプトにおいて,フォルダ(ディレクトリ)の移動,
テキストファイルの作成(主に英文)が実施可能となっていること.
予習として,簡単なCプログラムを自身で作成し,動作させよ.
授業で紹介されたサンプルと少し改造する等の実習が望ましい.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

14. 開発したプログラムの文書化.
復習として,MSワードとMSパワーポイントの起動を確認せよ.
予習として,IDEおよびテキストファイルおよびワードファイルとして,
いままで作成したプログラムの仕様を記述する実習を行なえ.
これらの予習復習は,授業1時限あたり,概ね4時間が必要となる.

授業運営

授業ではノート型PCを使用する(貸与されたPCを毎回必ず持参すること)。
これを用いて、主にプログラム開発に関わる実習を随時行うとともに、また講義用のツール(電子化教材の閲覧など)としても使用する。
講義内容の修得確認のための実習を随時行う。

使用書は特に指定しない。
講義資料をPDF等の電子ファイルとして配布する。

https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/il/

授業中において,不明な点や疑問点を,PCやスマートフォン等で随時調査することを推奨する.

PCを用いた実習は学生間の能力の差が大きい.
能力が高い学生が低い学生の支援を自発的に(ボランティアと同義)行なってもらってかまわない.

評価方法

実習を行なった時限の実習結果をレポートとして提出し,その結果によって評価点を決める.
実習内容は主にプログラム開発となる.
期末試験は行なわない.

オフィスアワー

水曜 2時限 6-214

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.