授業科目

高分子化学概論
General Polymer Chemistry

担当者

講師   塩見 友雄
後 木3
講師   山口 哲彦
後 木3

単位

2

到達目標

本講義は、高分子物質、材料を科学・技術の歴史や実験を通じて捉え、重合反応、高分子の構造・特性の基礎を理解することを目標とする。高分子を知識として理解することにとどまらず、高分子科学と材料技術の発展および科学と技術の関わり合いを学ぶことにより、高分子に対する自分なりの「考え」を作りあげてほしい。

授業内容

物質、材料の中での高分子の位置づけ、高分子の認識に至る高分子科学の歴史、ゴム・繊維・プラスチック等の高分子材料の発達の歴史、高分子合成化学の基礎、高分子構造・特性の基礎、および近未来社会における高分子科学・技術の展開を述べる。また、技術開発にとって不可欠な産業財産権(特許)について、その概略を述べる。高分子に対する自分なりの「考え」を作り上げるため、講義中、dotCampusを通じた積極的な質問、意見の提起などを歓迎する。

授業計画

01.(1)高分子物質と材料
    1.1 物質、材料の中での高分子の位置づけ。高分子材料(天然高分子、ゴム、繊維)の歴史に学ぶ。
        産業財産権(特許)とは(1)発明とは
02.  1.2 物質、材料の中での高分子の位置づけ。高分子材料(プラスチック)の歴史に学ぶ。
        産業財産権(特許)とは(2)研究活動と特許制度(日本)
03.  1.3 高分子の存在はいかに認識されたか。高分子を分析する。
        産業財産権(特許)とは(3)特許の出願と取得
04.(2)高分子合成の化学
    2.1 逐次反応による高分子合成
05.   2.2 連鎖反応による高分子合成(ラジカル重合)
06.   2.3 連鎖反応による高分子合成(イオン、配位重合)
07.   2.4 化学構造の制御(共重合、分子量、立体規則性)
08.   2.5 モノマー類の製造 
09.(3)高分子の構造と特性
    3.1 高分子の形態の特徴と構造の多様性
10.   3.2 高分子物質の熱的特性と力学的特性
11.   3.3 高分子多成分系の相構造と特性
12.   3.4 高分子材料の諸特性
13.(4)これからの高分子はどのように生活、社会と関わって行くか。
    4.1 近未来社会における高分子科学・技術の展開(1)
         ①科学と技術、研究者 ②ナノテクノロジー ③超分子化学 ④ソフトマター ⑤導電性ポリマー
         ⑥マイクロエレクトロニクス
14.   4.2 近未来社会における高分子科学・技術の展開(2)
         ①医用材料ポリマー(DDS) ②CO2を原料とするポリマー製造 ③電池材料、光学材料
         ④生分解性ポリマー ⑤高分子の生産と廃棄 統計資料

授業運営

特に教科書は使用せず、POWERPOINTで作成した資料をdotCampusにアップロードし、受講者が事前にそれをダウンロードして持参する。講義中、あるいはdotCampusを通じて受講者からの質問を歓迎しそれに答える方式の講義も考慮する。

評価方法

学期末に論述式の試験を行い評価する。毎回の講義後、小テストを実施し、評価に加味する。また、dotCampusなどにより講義内容に対する質問などを積極的に行ったことに対しても評価する。

オフィスアワー

質問などは講義後1時間程度、講義室または講師室で受け付ける。また、dotCampus、電子メールでの質問も可。
(電子メールアドレス: 山口yamaguchi.tetsuhiko.xhoob@showadenko.com、
塩見 shiomi12tmo04kzk@kvf.biglobe.ne.jp)

参考書

蒲池幹治『高分子化学入門』改訂[エヌ・ティー・エス]2006
中浜精一ら『エッセンシャル高分子科学』初版[講談社サイエンティフィク]1998
高分子学会編『基礎高分子科学』第1版[東京化学同人]2007

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.