授業科目

オブジェクト指向プログラミング演習
Exercises in Object-Oriented Programming

担当者

准教授 馬谷 誠二
後 木4

単位

2

到達目標

オブジェクト指向の考え方を理解する。オブジェクト指向言語としてのJavaを理解する。実用的なJavaプログラムの設計能力を身につけることを目標とする。理学部情報科学科のカリキュラムポリシーに従い、「オブジェクト指向プログラミング」で学んだログラミングの構成法を、演習を通じて実践的な能力として身につけることができる。

授業内容

オブジェクト指向の考え方を、主として各種例題を用いて学ぶ。前期に「オブジェクト指向プログラミング」を履修しておくことが望ましい。

授業計画

01. Java言語とC言語
02. 手順書と設計図
03. オブジェクトの考え方
04. コンストラクタとアクセス制限
05. コメントとAPIドキュメント
06. Javaのデータ構造
07. 複数オブジェクトの組み合わせ
08. 再帰プログラム
09. コマンドライン引数の処理
10. Swingを用いたグラフィックス
11. イベント駆動型プログラム
12. メイン処理とイベント処理
13. マルチスレッドと排他処理
14. 総合演習

本講義用ウェブサイトでは、授業のスライド、プリント、その他の資料を公開している。予習復習に活用せよ(毎回の予習と復習はあわせて4時間程度行うことを期待する)。サイトのURLは初回講義で通知する。

授業運営

約60分の講義+残り時間の実習という形ですすめる。

評価方法

毎週の提出課題30%、レポート70%。ただし、最終14回目(総合演習)の欠席者は、評価の対象としない。

オフィスアワー

金2限、2号館227室。会議などで不在の場合があるので電子メールでアポイントをとること。メールアドレスは初回講義で通知する。

使用書

適宜プリントを配布する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.