授業科目

地学実験
Experiments in Earth Science

担当者

教授   加瀬 友喜
前 水4-水5
講師   山口 寿之
前 水4-水5

単位

2

到達目標

 地学が野外の総合科学であること、自然が全て長大な時間を背負った産物であることを受講生が体験を通して学ぶことを目標とする。また教員免許状の実験科目の一つとなる。

授業内容

 地形や地質の見方、堆積物や化石などの観察、採集・解析の具体的方法を野外実習と室内作業を通して習得する。またそれらの観察のデータ記録、解析等におけるコンピュータの活用法も併せて学ぶ。

授業計画

 各回の実習内容は以下のように予定している。実習の中心は野外であるので天候に影響を受けるので、若干前後する場合もある。 初回に配布するテキストを配布する。各回の実習を受ける前に予習として1時間程度の時間をとり、配布したテキストと2つの使用書の該当章節を予め読んでおくこと。また復習として1時間程度で、実習後の記憶のあるうち必要な図表などの整理、まとめておくことを求めます。また次回の課題もそこから生じることを理解してもらう。

第1回:地形の基本的な観察と記述。
 国土地理院発行の5万分の1地形図を用い、峰や谷地形の判別し、地形図の読み方を習得する。
第2回:歩測によるルートマップの作成。
 地質調査の基礎となるルートマップを実体験する。【予習】配布テキスト、使用書「フィールドジオロジー」のB-2章を読んでおくこと。
第3回:堆積物の分類と記述。
 砕屑粒子の粒度の分類法を学び、次回以降の実習で使用する粒度見本を作成する。【予習】配布テキストの「実習:砕屑物粒子の分析」を読んでおくこと。
第4回:土屋周辺の地層の観察① 露頭の位置関係のマッピング。
 平塚キャンパス近くの土屋の露頭でのルートマップの作成を行う。【予習】配布テキストの「実習:ルートマップづくり」、使用書「フィールドジオロジー」のB-5、6章を読んでおくこと。
第5、6回:日曜日を利用した屋外での貝化石層の観察と貝化石類の採集(2回分相当)。
 千葉県印西市吉高での露頭観察と貝化石試料の採取。【予習】配布テキストと使用書「フィールドジオロジー」のB-6章を読んでおくこと。
第7回:土屋周辺の地層の観察② 地層の積み重なりの記述。
 【予習】第7回から第10回の実習では、配布テキストと使用書「フィールドジオロジー」のB-3章〜B-7章を読んでおくこと。
第8回:土屋周辺の地層の観察③ 地層の粒度組成の記述 。
第9回:土屋周辺の地層の観察④ 火山灰層の鉱物組成の記述。
第10回:土屋周辺の地層の観察⑤ 地層の露頭間の対比。
第11回:採集二枚貝類貝化石の同定。
第11回、12回の実習では、千葉県印西市吉高での露頭観察と貝化石試料の処理と同定作業を行う。【予習】配布テキストと使用書「貝化石の調べたか」を読んでおくこと。
第12回:採集巻貝類その他貝化石の同定。
第13回:化石の生息環境の推定。
 実習室に備えてある貝類図鑑や横山図鑑を使用し、同定した貝類の深度分布と日本列島太平洋沿岸での緯度分布を調べ、吉高の路頭に露出する地層の堆積環境を推定する。【予習】配布テキストの「貝化石の分析」を予め読んでおくこと。
第14回:土屋周辺の地質の地学的生い立ちや貝化石の生息環境の考察と結果のまとめ、口頭報告(プレゼンテーション )。
 【予習】使用書「フィールドジオロジー」のC-1章〜C-3章を読んでおくこと。

授業運営

 全て実習形式による。5月13日(日曜日)に1日の野外実習(千葉県)を予定している。この野外実習は、授業計画の第5・6回に相当し、1~4回までの応用編となり、また第11~12回の実習に必要な化石資料を採集することが目的であるので、受講生は必ずこの実習を受けないと単位を出せません。野外実習(千葉県)の日程は第1回のガイダンス時に連絡します。第14回目に調査のまとめと報告(プレゼン)を受講生全員にお願いする。以上のルールに納得できない者は履修しないこと。

評価方法

 各回の実習時の取り込み(15%)、実習時のコメントシートなど(20%)、提出した調査報告書(レポート50%)、プレゼン(15%)で評価する。出席状況は評価の対象としないが、実習を4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

質問や指摘は講義後に受け付ける(山口、加瀬)。木曜日1時限終了から15時まで、13号館211室(内線2911)へ(加瀬)。事前にメールにてアポを取ってほしい。メールでの質問も可能、pt125464@kanagawa-u.ac.jp (山口), neritopsis@gmail.com (加瀬)

使用書

天野一男・秋山雅彦『フィールドジオロジー入門』[共立出版]2004
磯貝文男ほか『貝化石のしらべかた』[地学団体研究会]2001
大学側で準備するので、入手する必要はない

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.