授業科目

生物学概論
General Biology 

担当者

教授   泉  進
前 月1
後 月1
助教   藤田 深里
後 月1
講師   永島 賢治
前 月1
後 月1

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が①遺伝情報の機能、②生命の化学の基礎、③細胞の構造と細胞分裂、④生物進化の基礎、⑤動物学および植物学の基礎、⑥生態学の基礎を理解する力を身につけられることである。また、理学部生物科学科のカリキュラム・ポリシーに従い、分子から細胞、個体、生態系に至る各階層の生命現象について深く解析する能力を身につけるようにカリキュラムを編成しており、本講義と生物学概論Ⅱを通じて生物系科目を学ぶための基礎を身につける役割を持つので、1年次に両者を履修することが望ましい。

授業内容

 本講義は共通基礎専門科目の一科目で、生物学の基礎的な学術知識を教授する。本講義と生物学概論IIで、生命現象における様々な基本概念を、最新の研究成果も交えながら理解させる。生物学概論Ⅰでは生命の最小単位である細胞を構成する分子の基本構造と機能、生化学、細胞生物学、代謝、遺伝情報の発現、体内環境の維持などの基礎について解説する。

授業計画

 各回の講義は以下のように予定している。予習として事前に配布された各回の参考資料に予め目を通し、分からない用語等について自分なりに調べておくこと。また、復習として各回の授業の要点をノートに整理することを勧める。予習・復習項目の詳細については各授業内で紹介する。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。
第1回 シラバスの記載事項の確認
   イントロダクション・生物の共通性と多様性ほか
生命の化学(1) 生物学の化学的基礎、生物体を構成する元素
第2回 生命の化学(2) すべての生命を支えている水、水分子の構造、酸塩基の解離、pH、緩衝作用
第3回 生化学の基礎(1)炭素と生体高分子、糖と脂質
第4回 生化学の基礎(2)アミノ酸と蛋白質の構造
第5回 細胞生物学の基礎(1)細胞の構造と機能
第6回 細胞生物学の基礎(2)細胞分裂と生殖系列
第7回 細胞とエネルギー(1)同化・異化と細胞呼吸
第8回 細胞とエネルギー(2)光合成
第9回 遺伝情報と生物(1) 遺伝子の概念、古典遺伝学と分子遺伝学
第10回 遺伝情報と生物(2) 複製と転写、シグナル分子に対する細胞応答
第11回 遺伝情報と生物(3) 翻訳
第12回 体内環境の維持(1) 神経系とホルモン
第13回 体内環境の維持(2) 免疫
第14回 バイオテクノロジーと社会、生命倫理

授業運営

 授業は講義形式で進行する。講義中の私語、飲食及び無用な出入りは厳禁。携帯電話の電源を必ず切ること。講義中にメールを打つなど特に悪質な違反者は単位を授与しない。
質問や指摘は講義後にもその場で受け付ける。各教員とも在室時は原則として対応する。

評価方法

 授業ごとに担当教員が小テストまたはレポートにより評価する。各回の点数(100点満点に換算)を相加平均することにより採点する。 講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

 質問や指摘は講義後にもその場で受け付ける。各教員とも教員研究室に在室時は原則として対応する。

使用書

『キャンベル生物学』[丸善出版]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.