授業科目

微生物学
General and Applied Microbiology

担当者

教授   井上 和仁
後 火1
講師   小野口 和英
後 火1
講師   尾野本 浩司
後 火1

単位

2

到達目標

 微生物学は分子生物学、生化学、医学、発酵学とバイオテクノロジー、衛生工学、さらには生態学や進化学等に関係する基礎と応用を含む極めて広い学問分野である。本講義の到達目標は、①微生物学に関する研究の歴史、研究の蓄積を知ること、②生化学、細胞生物学、生態学などの関連分野の知識をもとにした微生物学の基本的事項について学ぶこと、等々を通じて微生物に関する包括的な知識を身につけることである。
 また、理学部生物科学科のカリキュラム・ポリシーに従い、分子から細胞、個体、生態系に至る各階層の生命現象について深く解析する能力を身につけるようにカリキュラムを編成しており、本講義は、微生物学に関する生命現象を理解するための基本を深める役割を持つので、生物学概論I・II、基礎遺伝学、細胞生物学I、基礎植物学、基礎動物学、基礎生物化学、生物化学I、分子生物学I、生態学Iを履修してから、本科目を履修することが望ましい。 受講生がこの講義では受講者が広くバランスのとれた知識を身につけることを目標とする。

授業内容

 この講義では、テキストに沿って、生化学や分子生物学を含む微生物の基礎分野から医学の基礎のような応用分野まで順を追って説明する。

授業計画

 各回の講義内容は以下の通りであるが、都合により変わることもある。
予めテキストを読んで来ること。講義の内容が多岐に渡るので、講義を受けたら毎回復習することを勧める。微生物は食中毒や病気などを引き起こすだけでなく、発酵工学やバイオレメディエーションなど微生物の特性を利用した技術も発展している。新聞等でしばしば報道されることも多いので注意して見るようにすることを勧める。

01. 序 (担当 井上)
 シラバスの確認。科学的方法と科学としての微生物学、原核生物とウイルス、微生物の簡単な歴史
02. 微生物の分類 (担当 井上)
 人為的な分類と系統発生による分類、生物間の関係づけと系統樹の作成、系統発生的分類におけるrRNA遺伝子の利用、3ドメイン説.【予習】生物の分類体系についてまとめておくこと。
03. 微生物の構造 (担当 井上)
 細菌の形と表面構造、細菌の細胞膜の性質と輸送系【予習】原核生物と真核生物の細胞構造についてまとめておくこと。
04. 微生物の増殖と抗菌 (担当 井上)
 増殖の計測、環境と微生物学、微生物抑制剤と殺菌剤、抗生物質、物理的処理、化学薬品【予習】あらかじめ配布するプリントの練習問題を解いておくこと。
05. 微生物のエネルギー代謝 (担当 井上)
 呼吸、醗酵、光合成、解糖Entner-Doudoroff経路、TCA回路、硝酸呼吸【予習】一次代謝についてまとめておくこと。
06. 微生物の物質代謝 (担当 井上)
窒素代謝、アミノ酸合成、硫黄代謝 (担当 井上)【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
07. 細菌の遺伝子と発現制御 (担当 井上)
 原核生物でのDNAの複製と転写と翻訳、転写段階での遺伝子調節、翻訳段階での調節、翻訳後調節、プラスミドとトランスポゾン、遺伝子組換え、接合、形質転換、形質導入、翻訳制御【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
08. 環境微生物学 (担当 井上)
 種々の元素の地球化学的循環、極端な環境下の微生物、環境における微生物の作用【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
09. 病原性微生物(ウイルス、細菌、真菌)の概要および腸内細菌 (担当 尾野本)
【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
10.自然免疫概要免疫 (担当 尾野本)
 免疫系、非特異的免疫、特異的免疫、抗体【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
11.獲得免疫概要 (担当 尾野本)
 空気感染による感染症、水や食品によって感染する病原細菌、接触により感染する細菌、節足動物と外傷によって感染する病原細菌【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
12.ウイルスの分類および構造  (担当 小野口)
 ウイルスの構造と形態、溶菌性ファージと溶原性ファージの生活環、動物ウイルス、ウイロイドとプリオン空気感染するウイルス、水や食品により伝染するウイルス、接触伝染するウイルス【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
13.代表的なウイルスの生活環 (担当 小野口)
 生物学、菌類による感染症、原生生物と藻類によって起こる病気【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。
14.ウイルス感染症対策 (担当 小野口)
 ワクチン、ベクター制御【予習】あらかじめ配布するプリントを読んでおくこと。

授業運営

 全て講義形式による。当然のことであるが私語を慎むこと。微生物について真に学びたい学生の履修を期待する。講義に使用するテキストや資料は数回にわけて配布する。

評価方法

 講義回によって臨時テストまたはレポートを課して成績を評価する。講義を4回以上欠席した場合は評価の対象としない。

オフィスアワー

 井上担当回:木曜日の12:40から13:30まで(会議等の時間を除く)に、2-241研究室へ。在室時は原則として対応する。質問や指摘は講義後にその場で受け付ける。また、研究室に在室の場合は質問を随時受け付ける。会議・出張等で不在の場合もあるが、気軽に研究室を訪ねて欲しい。尾野本、小野口担当回:質問や指摘は講義後にその場で受け付ける。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.