授業科目

材料科学
Chemistry of Materials

担当者

講師   津留崎 恭一
後 水3

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は受講生が、身の回りの様々なところに使われている化学材料(主としてプラスチックなどの高分子材料)の①製品開発・材料設計・耐久性評価の方法を知ること、②製品のトラブルシューティング法を知ること、③化学材料に関する様々な問題を自ら考えること、等を通じて社会に出たときに必要となる知識を身に着けることである。
 また、理学部のカルキュラム・ポリシーに従い、高分子材料について社会にでたときに役立つ総合的かつ実践的な知識を身に着けるようにカルキュラムを編成しており、本講義はその中で前期に学んだ高分子材料の基礎的な知識を発展させて社会での使われ方や社会問題を学習する役割を持つため、前期の高分子物性論を履修しておくことが望ましい。但し、必須ではない。

授業内容

 本講義では、前期の高分子物性で学んだ高分子に関する様々な知見を踏まえた上で、社会で使える実践的な知識と技術の習得を目指す。最後には、化学材料をどの様に作り、使用し、廃棄すべきか、今の社会問題や将来のあるべき姿にまで踏み込んで考える。

授業計画

 授業は、基礎的な知識を得るための講義と与えられた課題を自主的に学ぶアクティブラーニング(AL)を半々で実施する予定である。授業の進行具合によっては、この割合を変更することもある。また、講義中にも考察、発言を求めることがある。
 講義の予習として、事前配布する資料に目を通すことは必須である。ALは、課題を個人またはグループ討議によって深く掘り下げていくことから、事前準備は難しいが、普段から身の回りのプラスチック製品の材質や使われ方を考える習慣を持つことが望ましい。復習としては、授業で十分に触れられなかった内容等を確認するために参考資料を適時参照されたい。

1.高分子材料の特徴(高分子材料の復習、イントロダクション)
2.AL1(身の回りのプラスチックの使われ方を調べてみよう)
3.高分子材料の選定法
4.AL2(製品ごとにどの様な高分子材料が良いか考えてみよう)
5.高分子材料の製造法
6.AL3 (様々な化学材料製品の作り方を調べてみよう)
7.高分子材料の物性試験・熱的試験・化学分析
8.AL4(化学材料のトラブルシューティングをしてみよう)
9.高分子材料の寿命評価法
10.AL5(化学材料の寿命を考えてみよう)
11.化学材料の問題(資源、ごみ、リサイクル)
12.AL6 (持続可能な社会について考えてみよう)
13.化学材料の最新研究
14.AL7(将来、開発したい高分子材料を考えてみよう)

授業運営

 講義は主にパワーポイントを使って進めるので、事前配布予定のスライドを印刷もしくはPCに保存して持参すること。ALにおいては、PC、タブレット等の情報を検索できるツールを持参すること。講義、AL共に毎回テーマが変わるので、疑問点はできる限り講義中に質問すること。

評価方法

 定期試験40%、ALにおける発表内容及び頻度30%、講義中の態度や発言頻度30%で評価する。点数は積み上げ方式で計算するため、欠席するとその分は加点の対象とならないことに注意すること。小テストや講義終了後のレポート提出は行わない。

オフィスアワー

 講義後に生じた質問は、最初の講義で示すメールにて受け付ける。

参考書

大石不二夫『プラスチックが一番分かる』[技術評論社]2011
大武義人『ゴム・プラスチック材料のトラブルと対策』[日刊工業新聞社]2005

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.