授業科目

化学特論
Advanced Lecture in Chemistry

担当者

講師   渋川 雅美
前 集中

単位

2

到達目標

分離分析化学の基礎理論を理解し、分離に関する与えられた問題に対して適切なシステムを設計できるようになることを目的とする。理学部化学科のカリキュラムポリシーに従い、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学の各授業科目を履修しておくことが望ましい。

授業内容

 分離と精製は、科学の諸分野において最も重要な基本操作の一つである。化学分析に関してみると,世の中で日常的に行われている環境分析・臨床分析・食品分析など,あらゆる分析の大部分は分離を基盤とするものであり,これなくして我々の社会は成り立たないと言っても過言ではない。。本講義では、分離分析化学の基礎理論と最新の応用技術を解説する。主に2相間分配に基づく分離法を対象とし、平衡論と速度論の立場から多角的に学習を進める。分離に関する与えられた問題に対して適切なシステムを設計できるようになることを目的とする。

授業計画

1.溶液化学の基礎(1)理想気体と理想溶液
2.溶液化学の基礎(2)正則溶液
3.液液抽出(1)分配係数と溶解パラメータ
4.液液抽出(2)金属キレート抽出
5.溶液内化学平衡の基礎(1)電荷収支と物質収支
6.溶液内化学平衡の基礎(2)酸塩基平衡
7.溶液内化学平衡の基礎(3)錯生成平衡
8.クロマトグラフィーの基礎理論(1)カラムパラメータと保持パラメータ
9.クロマトグラフィーの基礎理論(2)正則溶液論による分配係数の推定
10.クロマトグラフィーの基礎理論(3)段理論
11.クロマトグラフィーの基礎理論(4)ランダムウォークモデル
12.クロマトグラフィーの基礎理論(5)速度理論
13.二次的化学平衡による高性能分離(1)酸塩基平衡
14.二次的化学平衡による高性能分離(2)錯生成平衡,酸化還元平衡

授業運営

 供与した資料によって授業を行う。電卓を持参すること。
 参考書「分析化学改訂版(裳華房)」の3章、6章、10章を講義開始前に読んでおくこと。また各講義ごとに演習問題を提示するので,必ず取り組むこと。

評価方法

4回の試験またはレポート(各20%)と演習(20%)の結果に基づいて成績評価を行う。なお4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

各講義日の休憩時間および授業終了後。

参考書

黒田・杉谷・渋川『分析化学』改訂版[裳華房]
篠田耕三『溶液と溶解度』第3版[丸善]
津田孝雄『クロマトグラフィー』第2版[丸善]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.