授業科目

高分子合成法
Polymer Synthesis

担当者

教授   山口 和夫
前 火4

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、①高分子とは何かを知ること、②合成高分子の特徴を学ぶこと、③様々な種類の高分子を合成する方法を学ぶこと、等々を通じて現代の我々の生活に欠くことのできない合成高分子の概略と合成法を身につけることである。
 また、理学部のカリキュラム・ポリシーに従い、有機化学の構造論、反応論などを体系的に身に付けられるようにカリキュラムを編成しており、本講義は、その発展応用として、高分子の合成法を学ぶ講義であるので、本科目を履修する前に、有機化学の科目をあらかじめ履修していることが望ましい。

授業内容

 プラスチック、合成繊維、合成ゴムなどの合成高分子は、我々の生活になくてはならない材料である。本講義では、合成高分子の基礎的知識を修得することを目的とする。高分子の化学構造と合成反応を中心に講義し、合成高分子の種類、用途についても併せて講義する。

授業計画

 配布資料を読んだ上で出席することを前提に講義するので、予習として、各回の該当部分を予め読んでくること(3時間程度)、が不可欠である。
 また、復習としては、講義時間の最後に行なった演習問題を読み返し、自分の解答について再考しておくこと(1時間程度)を、勧める。

1.高分子の定義と分類
2.高分子材料の種類と用途
3.高分子の化学構造の多様性
4.高分子の熱的性質と結晶性
5.有機化学反応と高分子合成反応
6.連鎖重合反応
7.ラジカル重合1(4つの素反応)
8.ラジカル重合2(開始反応と成長反応)
9.ラジカル重合3(共重合反応)
10.新しい乳化法(ゲストスピーカー、神奈川大学特別招聘教授 田嶋和夫先生)
11.イオン重合1-アニオン重合-配位重合
12.イオン重合2-配位重合、カチオン重合-
13.重縮合と重付加
14.高分子反応

授業運営

毎回講義の最後に演習を行う。

評価方法

定期試験で評価する。

オフィスアワー

質問等は、随時、教室または研究室(2号館239号室、内線2720)で受け付ける。

参考書

堂山昌男・山本良一編『ポリマー材料』第2版[ 東京大学出版会]
井上祥平『高分子合成化学』第2版[ 裳華房]
中浜精一他『エッセンシャル高分子科学』[ 講談社]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.