授業科目

高分子物性論
Physical Chemistry of Polymers

担当者

講師   津留崎 恭一
前 水3

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は受講生が、高分子の①物理、熱、化学的性質を知ること、②様々な物性値の意味を理解すること、③利点と欠点を知ること、等を通じて高分子材料(プラスチック、ゴム、溶液など)に対して深い見識を身につけることである。
 また、理学部のカルキュラム・ポリシーに従い、高分子材料について社会にでたときに役立つ総合的かつ実践的な知識を身に着けるようにカルキュラムを編成しており、本講義はその中でまず必要となる基礎的な物性について学ぶ役割を持つため、他科目の履修は必須ではないが高分子に関して一般教養程度の知識があることが望ましい。

授業内容

 本講義では、身の回りにある様々な高分子が持つ物理・化学・熱的性質を実例を交えながら学ぶ。これらの知見を踏まえた上で、後期に行われる高分子材料のより実践的な材料科学の学習につなげる。

授業計画

 授業は、基礎的な知識を得るための講義と与えられた課題を自主的に学ぶアクティブラーニング(AL)を半々で実施する予定である。講義の進行具合によっては、この割合を変更することもある。また、講義中にも考察、発言を求めることがある。
 講義の予習は、事前配布する資料に目を通すことは必須である。ALでは、課題を個人またはグループ討議によって深く掘り下げていくことから、事前準備は難しいが、身の回りの高分子材料に興味を持つ習慣を持つことが望ましい。復習としては、授業で十分に触れられなかった内容等を確認するために参考資料を適時参照されたい。

1.身の回りの高分子(イントロダクション)
2.AL1(身の回りのプラスチックを調べてみよう)
3.身の回りのソフトマター(ゴム、ゲル、高分子溶液)
4.AL2(ソフトマターの性質や使われ方を調べてみよう)
5.理想高分子の統計的基礎(ランダムウオーク)
6.AL3(ランダムウオークを調べてみよう)
7.実在高分子の統計的基礎(排除体積効果)
8.AL4 (排除体積ランダムウオークを作ってみよう)
9.高分子材料の物理的性質(強度、粘度、粘弾性)
10.AL5(高分子の様々な物理的性質を調べてみよう)
11.高分子材料の熱的性質(融点、ガラス転移温度)
12.AL6 (高分子の様々な熱的性質を調べてみよう)
13.高分子材料の化学的性質(耐薬品性、耐候性)
14.AL7 (高分子の様々な化学的性質を調べてみよう)

授業運営

 講義は主にパワーポイントを使って進めるので、事前配布予定のスライドを印刷もしくはPCに保存して持参すること。ALにおいては、PC、タブレット等の情報を検索できるツールを持参すること。講義、AL共に毎回テーマが変わるので、疑問点はできる限り講義中に質問すること。

評価方法

 定期試験40%、ALにおける発表内容及び頻度40%、講義中の態度や発言頻度20%で評価する。点数は積み上げ方式で計算するため、欠席した分は加点にならないことに注意すること。小テストや講義終了後のレポート提出は行わない。

オフィスアワー

 講義後に生じた質問は、最初の講義で示すメールにて受け付ける。

参考書

田中文彦『高分子の物理学』[裳華房]1994
高分子学会編『高分子科学の基礎』[東京化学同人]1994

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.