授業科目

オブジェクト指向プログラミング
Object-Oriented Programming

担当者

教授   桑原 恒夫
前 火2

単位

2

到達目標

受講生がJavaの最も基本的な事項を理解し、オブジェクト指向的なプログラミングの構成法を体得した上で、自力でJavaによる簡単なプログラミングができるようになることである。オブジェクト指向プログラミングは現代の応用的アプリケーション開発におけるプログラミング技術の一大潮流をなす技術であり、情報科学科のカリキュラム・ポリシーで述べている「情報科学の基礎理論から先端応用まで広く学べるように、選択専門教育科目を体系的に配置している。」の中の先端応用を目指していくために必要となる技術習得を本講義では目指す。

授業内容

本授業ではオブジェクト指向言語の代表であるJava言語の基本文法を例題に沿って解説しつつ、オブジェクト指向技術の基本概念についても解説する。1年生でCの言語の学習に続き、3年で流儀の異なるJava言語を学ぶことは情報科学の知識の幅を広げることを意味する。

授業計画

1.シラバスの記載事項確認、オブジェクト指向の基本概念、ソフトウエア開発工程の概略(要求分析、設計、プログラミング、デバッグ、バージョンアップ)Javaプログラミングの手順(ソースフファイルの作成、コンパイル、実行。そのための環境設定)
復習として、特にオブジェクト指向の基本概念(オブジェクトとは何か)をよく理解し、またJavaプログラミングの手順(ソースフファイルの作成、コンパイル、実行)が自力で出来るようにすること。
2.クラスとインスタンス
 復習として、クラスとインスタンスの関係を理解すること、およびクラスメソッド、クラス変数とインスタンスメソッド、インスタンス変数の表記上の違いをしっかり理解すること。
3.継承
 復習として、継承の意義、効果、手続き(ソースコード上の書式)をしっかり理解すること。
4.キャスト、インターフェース
 復習として、特にスーパークラスへのキャストやインターフェースの利用によってオブジェクトを受け渡す際の型の柔軟化が図れることおよびその利点について十分に理解すること。
5.配列、コレクション、文字列、処理の流れの制御
 復習として、C言語では出てこないコレクション(この授業では主にList)の利用方法をしっかり習得し、その利便性が高いことを理解すること。また文字列がStrig型というオブジェクトで管理されることをしっかり理解すること。
6.パッケージとアクセス制限
  復習として、パッケージの目的とパッケージ利用の手続き、アクセス制限の基本ルールとその制限の使い分け法を理解すること。
7.例外処理
 複数として、例外処理をするための基本的な書式を読み書きできるようにすること(例外処理を要求する側とされる側の両方)。
8.GUI(1) 画面構成
 復習として、テキストフィールド、ラベル、ボタンなどを組み合わせた簡単なGUIの構成なら自力で作成できるようになること。
9.GUI(2) イベントの処理
復習として、簡単な例でのGUI上のイベントを処理してその結果をGUI上に反映できるようにすること。。
10.電卓プログラムを例としたこれまでの重要事項の総合解説
復習として、授業で解説した電卓プログラムをもう少し高度化した電卓のプログラム(どう高度化するかは授業中に提示)を自力で作成できると良い。
11. デザインパターン
 デザインパターンの理解によってオブジェクト指向の利便性に対する理解が深まる。復習として、出来る範囲で良いが、授業中に説明できなかった他の多くのパターンの学習も自力で進めてみると良い。
12.ファイルへのデータの入出力
 復習として、テキストファイルの読み書きがJavaで自在にできるようにすること。その先の発展学習としては、データベースへのアクセスの学習がある。
13.総合演習(e-ラーニングベースの総合問題の演習)
 復習として、授業中にできなかった問題を自力で分かるようにしておくこと。
14. 総合演習2(期末試験の過去問題を用いたペーパーベースでの演習)
 復習として、授業中に示す解答を見なくても正解が導けるようにしておくこと。そして期末試験で良好な成績を収めること。
[予習・復習]
 Webにより各回の講義資料を公開するので、講義箇所の予習・復習を毎回行うこと。特に、毎回の演習問題で授業中に自力で解けなかった場合はそれをよく復習しておくこと。目安として1回あたり予習1時間程度、復習3時間程度。なお、最後の2回を除き、毎回実際にプログラミングする練習問題を授業中に行う予定である。解答例は提示するが、復習により解答例を見なくても自力でその練習問題を実行できるようにすること。

授業運営

[授業時間中の運営]
解説とともに毎回演習を行う。演習は穴埋め問題形式のWeb型e-ラーニングを中心にしつつ、実際のソースコード作成も適宜取り混ぜて行う。PCルームでの授業を予定している。

評価方法

期末試験(ペーパーテスト)

オフィスアワー

火曜日3時間目2-221

参考書

桑原恒夫『3日で解るJava』第2版[共立出版]2000年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.