授業科目

基礎生物化学
Basic Biological Chemistry 

担当者

教授   泉  進
後 火2

単位

2

到達目標

 以下に記した各項目の基礎を受講生が理解することを目的とする。
 •生物体を構成する元素の化学的特徴と分子形成
 •生分子の種類、特性及びそれらの分子間相互作用
 •生体高分子の構造とその生物学的特長

授業内容

 生物化学(生化学)は生物科学の多くの領域と重なり合った膨大な領域を擁する学問である。生物科学のさまざまな領域を学修していくと、いつの間にか生物化学の領域に踏み込んでいるのに気づくことが多いであろう。その意味で、生物化学への入口はたくさんある。どの入口から入っても真に生物化学を理解するためには、その基本となっている概念を明確に把握していなければならない。基礎生物化学Iでは生物化学の基本的な概念を出来る限り原理に立脚して理解できるように講義して生体分子(biomolecules)の構造と性質を把握するための基礎学力を培う。生物学概論Ⅰを履修済みであることを前提に講義を進める。また、高等学校で「化学」を履修しなかった者は、共通教養科目・共通基盤科目・自然の分野の「基礎化学」を履修して化学の基礎学力を固めておくことが望ましい。

授業計画

 以下の項目について生化学の静的側面に力点を置きながら、動的側面への展開に繋がるように解説する。予習として事前に配布された各回の参考資料に予め目を通し、分からない用語等について自分なりに調べておくこと。また、復習として各回の授業の要点をノートに整理することを勧める。また、練習問題を配布するので各自適宜取り組むこと。
1.シラバスの記載事項についての確認
  物質、元素、原子(原子の構造、元素の周期律、原子の電子配置、イオン)
2.化学結合と分子間相互作用(イオン結合、共有結合、水素結合、疎水的相互作用)
3.酸 塩基 緩衝液
4.細胞内の分子(炭素化合物の化学)
5.糖質の化学(単糖と二糖、多糖とプロテオグリカン)
6.脂質(貯蔵脂質、膜の構造脂質、特殊な活性をもつ脂質)
7.アミノ酸の構造と性質 (タンパク質を構成するアミノ酸とその他のアミノ酸)
8.タンパク質の構造と機能(共有結合の骨組みとアミノ酸配列)
9.タンパク質の構造と機能(タンパク質の一~四次構造、三次元構造と機能の関わり)
10. タンパク質の構造と機能(タンパク質の変性と再生、精製と特性分析)
11.タンパク質の構造と機能(免疫グロブリンの構造および機能)
12.ヌクレオチドと核酸(ヌクレオチドの構造および機能)
13.ヌクレオチドと核酸(DNAの構造と機能)
14.ヌクレオチドと核酸(RNAの構造と機能)

授業運営

 講義形式で授業を進める。例示の内容をプリントし配布するので、各自、予習ならびに復習をすることで講義の流れをしっかりとつかむよう努力して欲しい。講義の内容を理解してもらうためにも参考書の購読を推奨する。講義中の私語、飲食、写真撮影及び無用な出入りは厳禁。スマートフォン等は必ず電源を切ること。指示に従えない者には退室を命じる。以上のルールに納得できない者は履修をしないこと。

評価方法

 授業内に行う小テスト又はレポート40%、定期試験60%。 講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

 特に定めず、2-114室又は2-246室に在室時には常に対応する。

使用書

B. Alberts他『Essential細胞生物学』[南江堂]
E.E.Conn、P.K.Stumpf『コーン・スタンプ 生化学』[東京化学同人]
山科郁男他訳『レーニンジャー 新生化学(上・下)』[廣川書店]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.