授業科目

卒業研究
Graduation Research Seminar 

担当者

教授   石井 信明
前 時間外
教授   片桐 英樹
前 時間外
教授   窪谷 浩人
前 時間外
教授   久宗 周二
前 時間外
教授   平井 裕久
前 時間外
教授   松浦 春樹
前 時間外
准教授 佐藤 公俊
前 時間外
准教授 高野倉 雅人
前 時間外
准教授 松本 光広
前 時間外
助教   荻谷 光晴
前 時間外
助教   佐藤 圭介
前 時間外
助教   藤江 遼
前 時間外

単位

4

到達目標

受講生が、研究課題を決定し、研究計画を立て、継続的に自己研鑽に努め、研究結果を報告書や論文にまとめることを通して、実践的に解決する応用力および経営工学を実現する応用力を身につけることである。

授業内容

各自、指導教員のもとで研究課題を決定し、研究計画を立て、継続的に自己研鑽に努め、研究結果を報告書や論文にまとめ、期日までに提出する。

授業計画

●石井教授:情報数理システムの分析と設計。これまで個人・組織の経験と勘に頼った判断が行われることの多い、設備・情報システムの企画・計画業務、プロジェクト管理などに、情報と数理の思考、技術を活用し、あるべき仕組みを創造する研究。
●片桐教授:経営システム工学:データ分析、モデル化、最適化の技術を用いて、企業などの組織における問題の発見と解決を図る研究。機械学習、数理計画、進化計算等を用いたシステム最適化、欠陥検出などの異常検知、献立作成や観光などのサービス産業分野への応用研究など。
●窪谷教授:複雑系システムの解析。金融市場、伝染病や流行の伝搬、交通流の渋滞などに観られる、個人や企業の判断に基づく行動が総和として複雑な振る舞いとなって現れる現象を数理的に解析し、予測や制御に役立てようとする研究。
●久宗教授:人と環境の融合、安心・安全性の向上をめざした人間工学分野の研究:事故解析とヒューマン・マシン・システムの信頼性、認知メカニズムと人工物のユーザビリティ向上のための人間中心設計、フィールド・問題解決型作業研究、等。
●平井教授:管理会計・経営管理:企業経営における経営資源の効率的活用を目指し、企業の利害関係者に有用となる情報を提供する研究で、例えば、企業価値(株価)、原価管理、会計に関する研究等。
●松浦教授:生産・在庫の計画と管理:現行の生産管理システムから題材をとった研究。たとえば、生産システムの頑健さ、緩衝、柔軟性の研究、頑健なスケジュールの生成に関する研究、生産指示方式の研究など。
●佐藤准教授:調達・生産・物流・販売・回収における生産・サービスマネジメントに関する研究。スマートファクトリー の構築、プライシング戦略、サプライチェーンリスクの評価と管理、品質マネジメントシステムの構築など。
●高野倉准教授:人間を中心としたモノづくりやシステムデザインに関する研究。人間要素に配慮した生産・サービスシステムの構築、ヘルスケアシステムのモデル化とマネジメント、ユーザビリティを高めるインタフェイスデザイン、システム思考にもとづくスマートシティの解析など。
●松本准教授:経営工学の基盤技術として設計から加工、組立、制御までの一連のものづくり技術を身につけるとともに、仕事の効率化に関して知能化、機能化およびシステム化された機械の研究を行う。

授業運営

定期的に担当教員の指導を仰ぎつつ、学生自身が主体的に研究を推進することが肝要である。また、研究課題の他に研究室での基礎的学習も平行して行う。

評価方法

審査会で、複数の教員が、専門知識、創意、自己研鑽、実験などへの取り組みおよび研究活動時間に関する基準に基づき審査する。

オフィスアワー

各担当教員より指示する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.