授業科目
Course Title

物質化学
Material Science

担当者
Instructor

准教授 鈴木 健太郎
後 水5
講師   岩瀬 充璋
後 水5

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

本講義は、前期の「基礎化学」の続編に位置する。受講生が、①基本的事項の理解をして、物質の取り扱い方を理解すること。②広く多くの事象を理解する基礎になる力を培うこと。そして③物質に興味・関心を持ち、視野を広げて自然界を眺められる力をつけられるようになることを目標とする。理学部化学科のカリキュラムポリシーに従い、幅広い教養、コミュニケーション能力、情報処理能力、および理学の基礎から高度な化学に至る物質化学の基礎と技術を修得し、それによって社会の中核として活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを作成しており、本講義は、物質を見る化学的視点を養成することを目標とし、大学の勉学を深める役割を併せ持つ。

授業内容
Course Content

下記の使用書に沿って、物質に対する理解を深め、自然・物質に関わる現象を理解するため多くの物質についての学習をする。前期「基礎化学」の続編になるが、化学の基礎的部分の復習も行う。化学を理解するためには物質そのものを知り、出来るだけ多くの物質を学習するようにする。しばしば演習を行い学習の助けとする。

授業計画
Course Planning

各回の講義内容は一応次のように予定しているが、進度の都合により若干前後する場合もある。予め予定の項目・事項を予習し、下記使用書の問い事前に解答しておくこと。理解しにくいところは高等学校の教科書をひもとくか、下記参考書を参照して授業に臨むとより理解が深まる。質問事項があればいつでも授業時間内に質問することで理解を深めることができる。
01.導入とシラバスの確認、物質の成り立ちと周期表の見方

02.物質の化学結合と化学反応、物質の三態変化について

03.酸と塩基の反応と塩、pH、および酸化・還元の反応

04.物質の化学(1)無機化合物の種類と反応

05.物質の化学(2)代表的金属とセラミックスの種類と反応

06.物質の化学(3)有機化合物のうちの炭化水素の種類と反応

07.物質の化学(4)酸素を含む有機化合物の種類と反応

08.物質の化学(5)芳香族化合物と染料の種類と反応

09.物質の化学(6)繊維とプラスチックの種類と性質、応用

10.食物と栄養(1)三大栄養素1 糖質、脂質の種類と反応

11.食物と栄養(2)三大栄養素2 タンパク質、酵素の種類とはたらき

12.食物と栄養(3)ビタミン、ホルモンの種類とはたらき

13.食物と栄養(4)食品添加物、ホメオスタシスの維持について

14.環境の化学とエネルギー問題 物質化学のまとめ

授業運営
Course Management

下記使用書にもとづいて授業をおこなう。すべて講義形式による。授業運営の詳細については初回授業で説明するが、授業時にはパワーポイントを使用する。パワーポイントのスクリーン縮刷版を授業時に配布し授業に利用する。授業中の講義を聴いて不明な用語、疑問などを記録しておき、授業終了時に質問すること。授業内容に関する小テスト(10分)をおこなうが、小テストの内容に関することを参考に復習をすると良い。小テストで解答できなかったところは良く調べ解答を作っておく。次回の授業前に採点し返却する。授業の初めに模範解答をパワーポイントで提示し解説するので、確実に理解が深まることになる。また、時間内に終了しなかった使用書の問いは自分で解答をして、巻末の解答と照らし合わせておくこと。

評価方法
Evaluation Method

学習への取り組み(20%)、小テスト(20%)、および定期試験(60%)で総合的に評価する。なお、定期試験の内容に関する問い合わせは、採点後に個別に受け付けるので、今後の学習に活用して欲しい。

オフィスアワー
Office Hour (s)

水曜日の4限か、または18:50以降6号館講師控え室へ。質問、指摘は随時受け付ける。

使用書
Textbook (s)

神奈川大学理学部理学基礎編集委員会編『基礎からの一般化学』第2版[紀伊國屋e-books]2017

参考書
Book (s) for Reference

左巻健男監修『日常の化学事典』初版[東京堂出版]2009
『高等学校化学』[数研出版、東京書籍]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.