授業科目

植物系統分類学
Plant Phylogeny and Evolution

担当者

教授   丸田 恵美子
前 金1

単位

2

到達目標

本講義の目標は,受講生が,①藻類から陸上植物にわたる多様な植物は真核生物の中で系統学的にそれぞれどのような位置にあるかを理解すること,②多様な植物はどのような進化の過程で出現したのかを考察すること,③植物の多様性と互いの系統関係について,形態形質などの表現型の比較研究や化石植物の研究,そして最近の分子系統解析に基づいて理解することである。

授業内容

この講義では,系統分類学の方法論や種概念についての考察から始め,植物の起源と進化に関する重要な概念である「細胞内共生による細胞進化」,「地球生態系」,「形態と機能の進化による陸上環境への適応」など植物の進化と系統分類の基礎を概説する。

授業計画

各回の講義内容は一応以下のように予定しているが,進み具合によって若干変更する場合もある。各回に一つのテーマが完結するように講義を構成してあるが,それぞれ関連を持ちつつ進行するので,前回の講義内容を十分復習して次回の講義に臨んで欲しい。前回の復習は次回の予習にもなる。
 1.ガイダンス/まず,シラバスの記載事項について確認する。そのうえで,序論として,生物の多様性と「種」の概念について,そして分  類学と体系学について概要を述べる。
 2.進化の原理:自然選択と創発(自己組織化,遺伝的変異をもたらす要因
 3.細胞内共生と真核生物の系統
 4.一次分類の変遷と3ドメイン説:比較形態学と分子系統学
 5.二次共生藻類
 6.色素体タンパク質の選別輸送機構の進化
 7.アーケプラスチダ(1)灰色植物,紅色植物
 8.アーケプラスチダ(2)緑色植物
 9.アーケプラスチダ(3)陸上植物の起源と系統
10.陸上植物の特徴(1)生活環,多細胞体制
11.陸上植物の特徴(2)生殖機構の進化
12.維管束系の進化
13.種子植物の進化(2)光合成とその関連機構の進化
14.種子植物の進化(3) 生物間相互作用

授業運営

全て講義形式によるが、重要な内容に関しては、必要に応じて講義の中で小テストを行う。Power Pointの画像を投影しながら講義をすすめる。原則としてそれらの画像を印刷して授業時に配付するので復習などに活用すること。板書も随時行うが,講義を聴きながら要点をノートに記録すること。授業中は携帯電話やスマートフォンなどの電子機器の電源を切らなければならない(ただし,障がいをもつ者等で担当者が特に許可した場合は除く)。

評価方法

期末試験によって成績を評価する。小テストやレポートの成績も参考にする。

オフィスアワー

授業後1時間。また在室時は、原則として質問を受け付ける。

参考書

池内・伊藤・箸本監訳『キャンベル生物学』原書9版[丸善出版]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.