授業科目

分子生物学
Molecular Biology

担当者

准教授 大平 剛
後 木1

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、DNAの複製、RNA合成、蛋白質合成、突然変異、遺伝子発現の制御、遺伝子工学の基礎を理解することである。

授業内容

分子生物は生物現象を分子の段階で解明しようとする学問であり、近年、特に遺伝の分子機構の解明を中心に著しい発達を遂げた。本講義では、DNAの複製、RNA合成、蛋白質合成、突然変異、遺伝子発現の制御、遺伝子工学の基礎等について述べる。

授業計画

 第一回目の講義は予習する必要はない。第二回目以降は、予習すべき事項を各回の講義の最後に指示をする。また、配布されたプリントに記載されている次回の授業内容を予め読んでくること、分からない用語を調べておくことも、予習として不可欠である。復習としては、板書およびプリントをノートにまとめ、それをもとに文献やインターネットを使って関連内容を各自で調べて理解を深めておくこと。

1. シラバスの記載事項の確認、DNAの複製(Ⅰ) 核酸の構造、方向性
2. DNAの複製(Ⅱ) 複製
3. DNAの複製(Ⅲ) 校正
4. 転写(Ⅰ) 1遺伝子1ポリペプチド説
5. 転写(Ⅱ) 転写(開始、伸長、停止)
6. 転写(Ⅲ) RNAのプロセシング
7. 蛋白質合成(Ⅰ) 遺伝暗号
8. 蛋白質合成(Ⅱ) tRNAとリボソーム
9. 蛋白質合成(Ⅲ) 翻訳(開始、伸長、終止)
10.突然変異(Ⅰ) 突然変異の種類
11.突然変異(Ⅱ) 突然変異の原因
12.転写制御(Ⅰ) ラクトースオペロンの負の制御
13.転写制御(Ⅱ) ラクトースオペロンの正の制御
14.遺伝子工学の基礎 組換えDNA技術、ポリメラーゼ連鎖反応

授業運営

プリントを配って講義する。
毎回小テストを行う。

評価方法

小テスト 30%
定期試験 70%

講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

特に無い。分からない点は研究室にいつでも聞きにきてよいし、メールでも受け付ける。質問や指摘は講義後にもその場で受け付ける。

参考書

田村隆明・村松正實『基礎分子生物学』第3版[東京化学同人]2007
G.M.Malacinski著、川喜田正夫訳『分子生物学の基礎』第4版[東京化学同人]2004
B.Albertsら他7名著、中村桂子・松原謙一訳『Essential細胞生物学』第2版[南江堂]2005

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.