授業科目

基礎動物学
Basic Zoology

担当者

准教授 豊泉 龍児
後 水2

単位

2

到達目標

履修生諸君が以下の各項目を理解し、理学部生物科学科の大学1年次生として適切な文章で論述できることを到達目標とする。
① 全生物の中で、後生動物の分類学的な位置や特徴を理解する。
② 後生動物の進化について理解する。
③ 後生動物の高次分類を、最新のデータをもとにした分類学の立場から理解する。
④ 種固有のゲノムが後生動物の進化の理解と高次分類の手掛かりになることを理解する。

授業内容

多細胞動物の多岐にわたる生命維持のための構造と機能、環境への適応戦略や生態について、動物の高次分類をもとに整理してその概要を学び、地球上の生命の豊穣さを理解することを目的とする。動物の様々なボディプランの多様性の中に潜む共通性や基本法則についても学修する。高次分類群の理解には、近年進展の著しいゲノム科学的アプローチが欠かせないので、これについても随所で触れる。

[時間外学習について]
(予習) 高等学校の「基礎生物」、「生物」の授業項目のうち基礎動物学のシラバス内容に関連する項目を、既習者は復習し、未履修者は高等学校の教科書や参考書を入手して理解しておくことが望ましい。ドットキャンパス(講義支援システム)にてPDF等の形式で配布する講義資料については、授業週の月曜日の昼までのアップしておくので、予め目を通しておくことが望ましい。
(復習) 毎回の授業内容の配布資料を元に、平塚図書館の図書やインターネットの教育(educ)ドメインのサイトの資料を援用し、主要な動物学用語に対する説明文を自分でつける形で、自分の文章で「手作りのまとめノート」を作成する。そのような形で復習する。最も重要な項目については、理解を掘り下げるための宿題を課す。

授業計画

1. 動物とは何か(1) 動物分類学の基礎的な考え方。分岐図と系統樹。初回には、シラバスの記載事項の確認も行う。
2. 動物とは何か(2) 生物の定義を考える。多細胞体制の利点を考える。
3. 動物とは何か(3) 塩基配列を手がかりに生物の分類を考える。動物の定義を考える。
4. 動物の分類と進化、その起源(1) 3ドメイン説、五界説の中での動物の位置づけ。
5. 動物の分類と進化、その起源(2) ハテナとよばれる原生生物。襟鞭毛虫とそのゲノム。
6. 動物の分類と進化、その起源(3) 後生動物とは何か。海綿動物。真正後生動物。
7. 動物の分類と進化、その起源(4) 板形動物。刺胞動物と有櫛動物。前口動物と後口動物の比較対照。
8. 動物の分類と進化、その起源(5) 冠輪動物と脱皮動物。
9. 動物の分類と進化、その起源(6) ゲノムから動物の系統発生を考える。
10 . 動物の分類と進化、その起源(7) オルソログとパラログ。塩基配列決定法。
11. 後口動物に属する動物群。後口動物のゲノムと高次分類。
12. 尾索動物の分類と生態、発生。
13. 頭索動物の分類と生態、発生。
14. 脊椎動物としてのヒトのゲノム。

授業運営

授業中に5分程度の小テストを出題することがある。その解答・講評のプロセスを通じて理解を掘り下げることを狙う。

ドットキャンパスのお知らせ機能で、授業に関する連絡を行うことがある。極力、毎週の授業前にアクセスして欲しい。
宿題は返却しないことがあるので、コピーを取ってから提出することが望ましい。

臨海実習の履修を希望する学生は、この講義を受講することが望ましい。

評価方法

定期試験の成績を70%、宿題の提出状況とその内容を30%の割合として評価する。
宿題は、講義の内容に密接に関連したものを、講義中に提示する(1点あたり20-40分程度の文献調査を要する宿題)。
宿題の内容は、定期試験の範囲とするので、評価の割合にかかわらず、気張って取り組んで欲しい。
宿題の提出内容については、授業中に講評を行うことがある。宿題の表紙に提出の締切日を明記する。その締切日を過ぎた宿題は採点対象外とする。

オフィスアワー

質問は、担当者の他の授業や会議等に支障がない場合に、原則として講義直後と各回の講義日の昼休みに受け付ける。
前者の場合には授業講堂にて、後者の場合には2号館244号室の豊泉教員室にて対応する。
漠然とした質問ではなく、何を尋ねたいのか質問項目をよく整理してから質問に来て欲しい。

使用書

レーヴン・ジョンソン・ロソス・シンガー共著『レーヴン・ジョンソン生物学』原書第7版[ 培風館 ]2006年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.