授業科目
Course Title

基礎植物学
Basic Botany

担当者
Instructor

教授   箸本 春樹
後 金1

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

受講生が植物とは何かを生物学的に理解することを通して、生物的自然を理解し、自己の自然観、世界観を形成する能力を養うことを目標とする。すなわち、①植物は進化系統学的に、あるいは地球生態系の中で、どのような位置を占めているかを理解する。②植物の構造の特徴を理解し、植物が様々な環境下で適応して成長し、生存し、繁殖する際に、それらの特徴がどのような関わりを持っているかを理解する。③植物の生き方を決定すると言っても過言ではない光合成がどのようなエネルギー変換の過程を経て行われるかを理解する。④様々な分野で明らかにされた事実を単に知識として理解するだけでなく、植物の構造と機能が植物の生き方や生育環境にどのように適合しているか、そして植物の細胞から組織、器官、個体などのそれぞれの階層でどのような創発特性が見られるかについて考察する。⑤植物が人間の生活や社会とどのように関わっているかについて考察するための知識と考え方を養う。

授業内容
Course Content

本講義では、主として、我々になじみ深い陸上植物の中の被子植物について、進化・系統、構造、光合成、発生・分化、生活環、環境応答について平易に解説する。併せて、ゲノム情報を利用したシロイヌナズナなどのモデル植物を利用した研究による最新の知見についても紹介する。
植物の構造については、細胞壁や液胞をもつ植物細胞の特徴が植物体の形態形成や成長、物質輸送、環境適応などとどのように密接に関わっているか、分裂組織の存在が植物体の発生・分化、そしてボディプランにどのように関わっているかを考察する。光合成では、光合成の場である葉緑体の構造と反応段階との関連を解説し、各反応段階でのエネルギー変換の過程を議論する。環境応答については、様々な環境条件下で、光合成に有利になる植物の適応を例にとって、刺激に受容、シグナル変換、応答に至る過程を解説する。植物の生活環と生殖については、胚発生と世代交代、花成について概説する。最後に、まとめの意味も込めて植物の陸上への進出と陸上植物の進化について議論する。
 本講義全体として、様々な分野で明らかにされた事実を単に知識として理解するだけでなく、植物の構造と機能が植物の生き方や生育環境にどのように適合しているか、そして植物の細胞から組織、器官、個体などのそれぞれの階層でどのような創発特性が見られるかについて考察する。植物体の各階層で見られる構造と機能の適合も重要な概念である。

授業計画
Course Planning

01.ガイダンス:シラバスの記載事項について確認する.植物の地球生態系における地位、光合成真核生物の起源と系統の多様性.
02.植物細胞の特徴.
03.細胞分裂と成長・分化
04.植物体の構造とボディプランの特徴
05.細胞間・組織間輸送:アポプラスト、シンプラスト、原形質連絡,維管束
06.光合成1:光化学反応
07.光合成2:電子伝達と光リン酸化反応
08.光合成3:炭素固定反応
09.環境刺激に応答した発生・分化の制御1:光形態形成
10.環境刺激に応答した発生・分化の制御2:植物ホルモン
11. 生活環、世代交代、胚発生、
12.花成1:花成の制御
13.花成2:花の形態形成
14.陸上植物の進化

授業運営
Course Management

全て講義形式による。Power Pointの画像を投影しながら講義をすすめる。原則としてそれらの画像を印刷して授業時に配付するので復習などに活用すること。板書も随時行うが,講義を聴きながら要点をノートに記録すること。適宜小テストを行って理解度を確認する。
授業中は携帯電話やスマートフォンなどの電子機器の電源を切らなければならない(ただし,障がいをもつ者等で特に許可した場合は除く)。

評価方法
Evaluation Method

期末試験によって成績を評価する。毎回の出席は当然であるので、出席状況は成績評価の対象にならない。

オフィスアワー
Office Hour (s)

水曜日の13:30〜14:30(会議等の時間を除く)、2号館242研究室にて。
なお、質問や指摘は講義後にもその場で受け付ける。期末試験直前での質問は遠慮願いたい。

使用書
Textbook (s)

特に指定しない。

参考書
Book (s) for Reference

Urry et al.(池内,伊藤,箸本、道上監訳)『『キャンベル生物学 原書11版』』[丸善出版]2018年
Simon et al. (池内,伊藤,箸本監訳)『エッセンシャルキャンベル生物学原著6版』[丸善出版]2016年
東京大学教養学部図説生物学編集委員会『図説生物学』[東京大学出版会]2010年
その他,授業時に随時指示する

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.