授業科目
Course Title

生物学概論
General Biology

担当者
Instructor

教授   箸本 春樹
前 集中
教授   丸田 恵美子
前 集中

単位
Credit

4

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

生命現象における基本概念を受講生が理解することを目的とする。本講義では①遺伝情報の機能、②生命の化学の基礎、③細胞の構造と細胞分裂、④生物進化の基礎、動物学および植物学の基礎、⑤生態学、⑥増殖と生殖、⑦動物や植物など多細胞生物の発生と分化、及び⑧適応についての基礎を理解することを到達目標とする。特に指定しない。

授業内容
Course Content

本講義は生命現象における様々な基本概念を、最新の研究成果も交えながら理解させる。遺伝情報の発現過程、生命の最小単位である細胞を構成する分子の基本構造と機能、細胞の構造と機能、生命の起源と進化、動物学・植物学・生態学の基礎について解説する。

授業計画
Course Planning

各回の講義は以下のように予定している。予習として事前に配布された各回の参考資料に予め目を通し、分からない用語等について自分なりに調べておくこと。また、復習として各回の授業の要点をノートに整理することを勧める。
1. 生命の起源と進化:自然選択原理、地球生態系
2. 生物の系統:生物界の3つのドメイン、細胞内共生説
3. 生物を構成する物質:生体分子、タンパク質、核酸
4. 遺伝子の本体、DNAの半保存的複製、相補性原理
5. 細胞小器官の構造と機能
6. 組織、組織系、器官
7. 細胞分裂①:染色体の複製と分配
8. 細胞分裂②:減数分裂
9. 細胞分裂③:細胞質分裂
10.細胞分裂④:細胞周期とその制御、がん
11.細胞呼吸の概要
12.光合成の概要
13.気孔の構造と開閉調節機構
14.C3植物とC4植物の炭素固定
15.植物の水分生理
16.植物群落の物質生産
17.動物の発生①胚発生の過程
18.動物の発生②多細胞におけるパターン形成の原理
19.植物の発生①受精、種子形成、胚発生後の発生、分化全能性、環境に適応した可塑的な形態形成
20. 植物の発生②花成、花の構造と花を咲かせるしくみ
21. 生物の集団と環境-適応-
22. 個体群生態学 ①基礎的理論
23. 個体群生態学 ②応用例の紹介
24. 個体群生態学 ③人間社会への適用
25. 群集生態学
26. 生態系
27. バイオーム
28.人間活動と地球環境の変化

授業運営
Course Management

授業は集中講義により実施する予定である。

講義中の私語、飲食及び無用な出入りは厳禁。携帯電話の電源を必ず切ること。講義中にメールを打つなど特に悪質な違反者は単位を授与しない。

評価方法
Evaluation Method

小テスト及びレポートによる

オフィスアワー
Office Hour (s)

特に定めない。在室時は原則として対応する。研究室 箸本 2-242、丸田 6-222

参考書
Book (s) for Reference

池内・伊藤・箸本監訳『キャンベル生物学』原著9版[丸善]
東京大学教養学部生物学編集委員会編『図説生物学』[東京大学出版会]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.