※お気に入りに登録しました。

授業科目

化学概論
Essential Chemistry 

担当者

教授   河合 明雄
前 金1

単位

2

到達目標

化学は物質とその変化について取り扱う科学である。本講義の到達目標は、受講生が物質を理解するうえで必要な化学的視点を身につけることである。

授業内容

広い分野の学生の背景と要求を考慮し、私たちの身の回りのものや現象を理解するために必要な化学の基礎を学ぶ。毎回の予習と復習が推奨される。

授業計画

各回の講義で、簡単な演習を行なう。毎回の講義内容についてキーワードを調べるなどの予習を行い、講義後は授業のポイントが何であったかを復習することが推奨される。

1. 宇宙の誕生と物質の進化 (素粒子から原子や分子へ、原子の構造モデル)
2. 原子の中の電子と量子論(水素原子の波動関数)
3. 分子の中の電子と量子論(分子軌道法)
4. 分子の構造と対称性(混成軌道、σ結合とπ結合)
5. 物質の構造(巨大分子や分子結晶、金属やイオン結晶、たんぱく質とDNA)
6. 分子運動論(気体の運動と圧力、温度)
7. 分子のエネルギー変化(地球温暖化と分子分光法)
8. 分子集団のエネルギー保存(熱力学第一法則、熱と仕事、エンタルピー)
9. 分子集団の変化の方向(熱力学第二法則、エントロピー)
10. 相平衡(水や二酸化炭素の状態図)
11. 溶液(希薄溶液の性質)
12. 化学反応論I(反応速度式と反応速度論)
13. 化学反応論II(無機化合物、金属錯体、有機化合物の反応)
14. 生活や生命に関わる物質(光合成、オゾン層、機能材料、活性酸素と生命)

授業運営

全て講義形式による。
資料を配布し、パワーポイントと板書で講義する。

評価方法

定期試験(85%)と講義での演習レポート(15%)により評価する。持ち込み不可。

オフィスアワー

メールで予約をして研究室を訪問すること。連絡方法や連絡先の詳細は講義で説明する。

参考書

中田宗隆『化学、基本の考え方13章』[東京化学同人]
随時指定

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.