授業科目
Course Title

オブジェクト指向開発論
Object-Oriented Software Development

担当者
Instructor

教授   海谷 治彦
前 木1

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

受講生が、オブジェクト指向の考え方とモデリング言語を用いて、情報システムの企画立案、仕様化、設計、実装、テストを行うことが可能になること。

授業内容
Course Content

オブジェクトと呼ばれるデータと手続きを一体化した要素に基づき、情報システムを構築することで、以前に比べて、システムの修正変更や、流用が容易となった。
加えて、システム開発における企画、仕様化、設計においても、この考え方に基づく手順や記法が広く用いられるようになりつつある。
本授業では、UMLと呼ばれる記法を用いて、システム化の企画、仕様化、設計、テストを行う手順と記述法についての解説と実習を通した習得を行う。

授業計画
Course Planning

各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
Java言語の基礎は習得済であることを前提とした授業を行う。
よって、Java言語を知らない学生は予習として、その内容を理解しておく必要がある。
先行する授業・オブジェクト指向プログラミングにおいて、Javaの教育が行なわれる。
よって、当該授業の事前受講を強く要請する。
既にJavaを知っている学生は、予習は原則不要である。
各授業で講義された内容を復習として、自身で設定した問題に対して適用することが、
復習として期待される。
また、UML モデリングツールの利用を想定しているため、これも、復習として、
各回で講義された範囲の機能を自身の設定した問題に対して適用すること。
尚,各回の予習と復習をあわせて,概ね4時間を費やすこと.

01. 情報システムの仕様化、設計の必要性とオブジェクト指向の利点について
02. システム化対象である業務の模型(モデル)を作る意義
03. ドメインモデルとユースケースモデル
04. ユースケース記述
05. アクティビティ図による業務分析
06. ロバストネス分析
07. ドメインモデルの洗練とクラス図
08. シーケンス図とステートマシン図
09. システムの柔軟性について
10. デザインパターン I 生成に関するパターン
11. デザインパターン II 構造と振る舞いに関するパターン
12. アーキテクチャ設計と配置図,データフロー図
13. テストとテストケース
14. メトリクス、インパクト分析

授業運営
Course Management

授業ではコンピュータを使用するため、貸与されたPC等のラップトップを毎回必ず持参すること。
これを用いて、モデリングツールを用いた実習を随時行う。
また,講義用の電子教材の閲覧にも使用してもらう。

https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/oo/

評価方法
Evaluation Method

成績は毎回行う実習もしくは小テストの結果を合計して評価する。
期末試験は行なわない。

オフィスアワー
Office Hour (s)

木曜日 3限 6-214室にて.

使用書
Textbook (s)

『https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/oo/』

参考書
Book (s) for Reference

ダグ・ローゼンバーグ『ユースケース駆動開発実践ガイド』[翔泳社]2007年
小森 裕介『なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか ―Javaの壁を克服する実践トレーニング』[技術評論社]2004年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.