※お気に入りに登録しました。

授業科目

プログラミング演習
Programing  Exercises

担当者

教授   桑原 恒夫
後 火3-火4
教授   斉藤 和巳
後 火3-火4
教授   張 善俊
後 火3-火4
教授   永松 礼夫
後 火3-火4
講師   韓 浩
後 火3-火4

単位

3

到達目標

受講生がC言語の基本を理解し、それにより初歩的なプログラムの作成ができること。それにより次のプログラミング演習Ⅱを履修するためのスキルを身につけること。

授業内容

 コンピュータはプログラムによってさまざまな情報処理機械へと変身する。本授業では実際にプログラムを作成する演習を通じて、プログラムを作る(プログラミング)とはどういうことか、どのような思考をすることによってプログラムが作れるか、よいプログラムとはどのようなものか、といったことを学ぶ。そして、プログラミングは論理的な思考に基づいた創造的な作業であり、問題解決のプロセスそのものであることを学ぶ。プログラミングは情報通信技術(ICT)分野を志す者にとっては必須の技術と知識であり、プロとしての高い能力が要求される。その基礎を身につけることが本演習の目的である。なお、本授業で使用するプログラミング言語はC言語とする。同じ学期に開講している「プログラミングⅠ(担当:桑原のクラス)」を並行して履修中か、過去に履修済みであることでC言語の基本事項を修得しつつあること、及び前期に開講する「情報科学リテラシー」の履修によってLinuxの基本操作やエディタ(emacs)の操作を修得済みであること、を前提とする(そうでない場合は履修できない)。本科目は情報科学科の学生にとっては2年次以降のプログラミングⅡ、プログラミング演習Ⅱ、情報科学実験ⅠおよびⅡなど主要科目やコア科目の基礎となる重要な科目である。C言語によるプログラミングは情報科学科の学生にとって最も基礎になる学習項目の一つであり、これを最初の学年で身に着けることは情報科学科のカリキュラムポリシーにも合致する重要な事項である。
 なお総合理学プログラムの学生で、将来情報科学科に分属し、かつ情報で教職資格を取得予定の学生は、この科目の単位取得が必要である(プログラミング演習1では不可である)。

授業計画

1.シラバスの記載事項確認.ソースコード、コンパイル、実行、main関数、printfによる表示 問題の説明、解答例の提示
2.変数と四則演算,文の連接および入力と出力(scanf).前問題の説明、解答例の提示
3.分岐(1)if, if else, else if.問題の説明、解答例の提示
4.分岐(2)入れ子のif else.論理演算子 問題の説明、解答例の提示
5.繰り返し(1)for ループ.問題の説明、解答例の提示
6.繰り返し(2)while ループ.問題の説明、解答例の提示
7.配列(1) 一次元配列.問題の説明、解答例の提示
8.配列(2) 二次元配列.問題の説明、解答例の提示
9.中間総合問題2(1~9回の内容に関するアドバイスなしでの演習).問題の説明、解答例の提示
10.文字と文字列.問題の説明、解答例の提示
11.関数定義 問題の説明、解答例の提示
12.文字列と関数の組み合せ 問題の説明、解答例の提示
13.ファイル入出力 fscanf, fprintf 問題の説明、解答例の提示
14.最終総合問題(1~13回の内容に関するアドバイスなしでの演習).問題の説明、解答例の提示
 本授業で課す演習課題は基礎的なものであり、毎回の課題を積み上げてゆくことにより、プログラム作成に必要な基本的な技術が身に付くようになっている。したがって、毎回出席して各回のテーマを全てしっかり身に付ける事が重要である。
[予習・復習]
 過去の演習問題をまとめた課題集を配布する。この中から毎回の授業に関係する部分を予習して臨むこと(1回あたり4時間程度)。また授業時間の終わりに解答例を配布するので、それにより復習をすること(1回あたり2時間程度)。解答例には教員の持つプログラミング・スキルが凝縮されて示されている場合があるので、それも含めてしっかりと吸収すること。自分の解答に対して教員から送られるコメントをしっかりと受け止める事は言うまでもない。

授業運営

[授業時間中の運営]
 毎回課題を提示し、受講生がワークステーションを使用してプログラミングする。授業計画に示した各回の内容について課題プログラムを作成する。毎回課題に先立って例題を示すので、それを理解したうえで課題に取り掛かることが重要である。課題プログラムは原則として3つであり、全て時間内に提出することが要求される。
 受講生を3クラスに分けて少人数授業を実施する。解らないところは担当教員や助手、学生アルバイトが助言し、個別に丁寧に指導する。また森本貴之助手、木元宏次助手、松田特別助手がそれぞれ加わるクラスがある。

評価方法

毎回の課題に対して提出されたソースコードとその実行結果、および提出時期によって評点を算出し、全課題の評点を総合して成績とする。なお第9回、第14回はアドバイスなしで行い、達成度を評価する(資料の参照は可)。

オフィスアワー

桑原:火曜日5時間目2-201。だたし会議や出張の時などの時は除く。
永松:水曜日2時限目2-120-1室・会議日を除く。なおメールで随時質問を受け付ける。
斎藤:火曜日5時間目2-219。だたし会議や出張などの時は除く。なおメールで随時質問を受け付ける。
張:月曜日2、3時限目6-215。だたし会議や出張の時などの時は除く。
韓:授業終了後に質問を受け付ける。またメールでの質問も受け付ける。メールアドレスは初回授業時に受講者に周知予定。

使用書

担当教員の指示による。

参考書

それぞれのクラスの担当教員の指示による。なお補助教材として、過去の演習課題と解答例をまとめた「プログラミング課題集」を提供します。演習の参考用として、また予習・復習用として、役立てて下さい。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.