授業科目

物理学演習
Exercises in Physics 

担当者

教授   木村 敬
後 月3

単位

2

到達目標

受講者が、物理の基本的な項目である力学と、電磁気学について演習を通して基礎力を身につけることを目標とする。

授業内容

講義科目「力学I」および「電磁気学I」の進度に沿って、配布するプリントの問題を、受講者が自分で繰り返し解くことにより、「力学I」と「電磁気学I」の理解を深める。よって、本演習の履修者は「力学I」と「電磁気学I」も合わせて履修することが強く推奨される。 配布される演習問題については、略解が授業終了時に配布されると同時に、次回にその解説が行われる。

授業計画

受講者は講義科目「力学I」と「電磁気学I」の進度に合わせた演習問題を解く。よって授業の進度によって、下記の各回の内容の予定も前後あるいは変更されることがある。また、2回小テストを行う予定である。履修者は各回の「力学I」および「電磁気学I」の講義ノートを読み直すこと、教科書の演習問題を解くことなどが効果的な本演習の予習として推奨される。また、復習としては演習時に扱った問題を解答を参考によく見直しておくこと。これにより、翌週の解説の理解が深まるはずである。なお、予習・復習合わせて各回当たり約4時間の自己学習を想定している。


1.力学 位置、速度、加速度: 電磁気学 クーロン力とその重ね合わせ
2.力学 ベクトルと極座標その①: 電磁気学 電場と電気力線
3.力学 ベクトルと極座標その②: 電磁気学 連続分布した電荷による電場
4.力学 中心力(万有引力とクーロン力): 電磁気学 積分形のガウスの法則その①
5.力学 放物運動,抵抗があるときの運動: 電磁気学 積分形のガウスの法則その②
6.小テストと解説
7.力学 万有引力と重力加速度: 電磁気学 微分形のガウスの法則その①
8.力学 円錐振り子: 電磁気学 微分形のガウスの法則その②
9.力学 単振動と減衰振動: 電磁気学 電位
10.力学 強制振動: 電磁気学 ラプラス方程式,電場のrotation
11.小テストと解説
12.力学 仕事と保存力: 電磁気学 軸対称な電荷分布による電位,電場
13.力学 角運動量と力のモーメントその①: 電磁気学 導体と電場
14.力学 角運動量と力のモーメントその②: 電磁気学 静電容量と電場のエネルギー

授業運営

受講者は、各回に用意する演習問題を解く。なお、同時期開講の講義科目「力学I」および「電磁気学I」を履修することを強く推奨する。

評価方法

各回の問題の解答、および2回行う小テストによる。4回以上欠席した学生は評価対象外とする。
評価の重みとしては定期試験50%,小テスト2回×15%=30%,小テスト回を除く各回の演習問題20%とする。

オフィスアワー

質問は講義終了時や居室(6-212)にて受け付ける。居室で常時受けられるのは平日の昼休み、5時限である。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.