授業科目

物理学概論
General Physics 

担当者

教授   粕谷 伸太
前 火1
後 火1

単位

2

到達目標

現代物理学の基礎のうち、力学、流体、波動に関する理解を深め、必要に応じて、具体的に計算できるようになること。
物理が苦手な場合は、同時並行で構わないので、基礎物理学Iを履修することを勧める。

授業内容

物理学とは自然を理解する学問である。物理学概論Iでは、力学を主に概説するが、流体、波動も取りあげる。
それとともに、各自で問題が解けるようになることが重要である。

授業計画

 1.物理の入り口:物理量の表し方―単位
 2.運動の法則
 3.力の法則
 4.力と運動
 5.振動
 6.仕事
 7.エネルギー
 8.質点系の運動量と回転の法則
 9.質点系の重心と運動量
10.剛体の力学
11.慣性力
12.流体の力学
13.波動
14.光

進捗状況により内容は変更する場合もある。
予習としては、各回の項目を下に挙げた参考書(特に、『物理学基礎(第5版)原康夫 著』)の該当部分を読んでおくこと。2時間程度かかることを想定している。
復習としては、各回に行った確認問題、配布した自学問題、参考書(特に、『物理学基礎(第5版)原康夫 著』)の問題を各自で解いておくこと。2時間程度かかることを想定している。

授業運営

講義形式。また、確認問題を行うことにより、理解を深める。
参考書に挙げた『物理学基礎(第5版)』(原康夫 著)は必ずしも使用しないが、
授業に持ってくることを強く勧める。

評価方法

期末試験の成績によって決定する。

オフィスアワー

火曜日の昼休み。
なお、授業終了後、その場でも受け付ける。

参考書

原康夫『物理学基礎』第5版[学術図書出版社]2016年
並木雅俊『大学生のための物理入門』[講談社(講談社基礎物理学シリーズ)]2010年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.