※お気に入りに登録しました。

授業科目

総合理学演習
Integrated Science Seminar

担当者

教授   井上 和仁
後 火2
教授   加部 義夫
後 火2
教授   斉藤 和巳
後 火2
教授   中田 穣治
後 火2

単位

2

到達目標

高校の復習を含めて大学初年時に学習する理学分野の全般的な内容を英語で学ぶことによって、総合理学プログラムのカリキュラムおよびディプロマポリシーに従って、科学英語に親しむこと、また、専門課程の英語への橋渡しとなる程度の語彙と表現を修得することを目標とする。

授業内容

科学、物理、化学、生物、情報の分野における基礎的な内容をやさしい英文のテキスト教材を読んで理解する。なお、ここで分野としてあげた「科学」は方法論としての科学の歴史と本質のことである。

授業計画

テキスト教材は5つの章からなり、以下に示す理学分野のトピックスから構成されている。これから毎回1-2トピックスについて英文を読解するとともに、内容を解説する。
第1章 科学
1.Superstition, Fiction, Fact
2.The Beginning of Modern Science
3.Pure and Applied Science
4.Scientific Methods
第2章 物理学
5.Standard Units and System of Units(Ⅰ)(mass)
6.Standard Units and System of Units(Ⅱ)(length)
7.Standard Units and System of Units(Ⅲ)(time)
8.Mechanism and Motion
9.Significant Figures
10.Rounding Numbers
第3章 化学
11.Three States of Matter
12.Elements, Atoms and Molecules
13.Mole and Avogadoro’s Number
14.Solution and Ion
15.Acid and pH
16.Chemical Formulas and Structures
第4章 生物学
17.Living Things Organize Protoplasma
18.Living Organisms Need Energy
19.Living Organisms Respond to Their Environment
20.Living Organisms Adapt to Their Environment
21.Living Organisms Develop and Grow
22.Living Organisms Reproduce Themselves
第5章 情報科学
23.Programming in Java
24.Hello, World
25.Errors
26.Input and Output

章ごとに担当者が互いに交替するので各授業回の内容はクラスによって異なる。ただし、第1回と第14回は共通である。下に示すのは1つのクラスの場合の授業計画である。それぞれのクラスの授業計画については第1回の導入で周知する。
1. 導入:授業内容と授業運営の説明、資料配布、
     科学:テキスト第1章の1節、2節、
2. 化学:テキスト第3章の11節、12節
3. 化学:テキスト第3章の13節、14節
4. 化学:テキスト第3章の15節、16節
5. 情報:テキスト第5章の23節
6. 情報:テキスト第5章の24節、25節
7. 情報:テキスト第5章の26節
8. 生物:テキスト第4章の17節、18節
9. 生物:テキスト第4章の19節、20節
10. 生物:テキスト第4章の21節、22節
11. 物理:テキスト第2章の5節、6節
12. 物理:テキスト第2章の7節、8節
13. 物理:テキスト第2章の9節、10節
14. 科学:テキスト第1章の3節、4節、総合復習

授業運営

4つのクラスに分けて少人数の演習形式で行う。テキストの第1章(科学)はクラスの主担任が担当する。第2章から第5章(物理学、化学、生物学、情報科学)については、それぞれの専門分野の教員4名が分野担任として各クラスを巡回して担当する。あらかじめテキスト教材を配布し、予習を前提として授業を行う。記載されている各トピックスに対する理解が深まるように練習問題や各分野の対策問題が用意されているので、授業やホームワークで利用する。範囲が広いので、試験前の勉強だけでは単位を取るためには不十分である。毎回の予習復習が不可欠である。

評価方法

定期試験による。

オフィスアワー

特定の時間は設定しないが、分からない点は各教員の研究室にいつでも聞きにきてよい。積極的な質問を歓迎する。

使用書

『Basic Science Seminar(授業中に配布する)』

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.