※お気に入りに登録しました。

授業科目

卒業研究
Graduation Thesis 

担当者

教授   海谷 治彦
前 時間外
教授   木下 佳樹
前 時間外
教授   桑原 恒夫
前 時間外
教授   後藤 智範
前 時間外
教授   田中 賢
前 時間外
教授   張 善俊
前 時間外
教授   永松 礼夫
前 時間外
教授   松尾 和人
前 時間外
准教授 ボサール アントワーヌ
前 時間外
准教授 松井 祥悟
前 時間外

単位

4

到達目標

3年次までに修得した情報科学の基礎知識・方法論・考え方に基づいて特定のテーマについて学生自らによるモデルの立案・文献調査・実装・実験・評価・問題点の把握などの能力を修得することを目標とします。各自の自発的・積極的な研究姿勢が求められる。卒業研究ⅠおよびⅡを通じて、情報科学の基礎を基盤とした論理的思考、対象をモデル化する能力、および発表を通じての説明力・表現力を養います。

授業内容

卒業研究ⅠおよびⅡは、各自の選定した研究課題に基づいて、その専門分野の担当教員の指導を受けながら自主的な研究活動を行い、学年度末の2月に(後期から着手した者については8月頃に)、卒研要旨として文書にまとめ、さらに卒研発表会で発表するという科目です。全専任教員によりそれぞれ専門分野に応じたテーマが課せられます。各専任教員の専門分野は次のとおりです。
なお※印のついた教員は2011年度以前の入学者のみを担当します。

教授  海谷 治彦 ソフトウェア開発論
教授  木下 佳樹 プログラミング科学、プログラム意味論、プログラム検証論
教授  桑原 恒夫 オブジェクト指向によるシステム開発、ヒューマンインタフェースやマニュアルなどの評価・設計
教授  後藤 智範 検索エンジン、自然言語解析
教授  田中 賢 ネットワークセキュリティ、計算の複雑さ、ニューラルネット
教授  張 善俊 画像情報処理、視覚情報処理、コンピュータグラフィックス
教授  永松 礼夫 分散処理システム、動的最適化、システム評価
教授  松尾 和人 暗号と情報セキュリティ
准教授 ボサール アントワーヌ グラフ理論、アルゴリズム
准教授 松井 祥悟 計算機科学(言語処理系、並列化技術)
教授  伊藤 博※ 整数論
教授  木村 敬※ 物性理論、多体問題
教授  酒井 政美※ 集合論的位相幾何(Set-theoretic Topology)
教授  長 宗雄※ 関数解析学、特に作用素論
教授  中田 穣治※ イオンビーム科学、半導体物理、加速器科学
教授  堀口 正之※ 統計数学(計画数学)
教授  長澤 倫康※ 宇宙論(初期宇宙、素粒子論的宇宙論)
教授  水野 智久※ 半導体物理・工学
准教授 粕谷 伸太※ 素粒子論的宇宙論,宇宙物理学
准教授 加藤 憲一※ 応用確率論、待ち行列理論、オペレーションズ・リサーチ
准教授 川東 健※ 原子核理論、計算物理学
准教授 知久 哲彦※ 統計力学、相転移の理論、数理物理学
助教  星野 靖※ 表面科学,量子ビーム科学、半導体物理学

授業計画

原則として3年次後期(第6セメスター)の情報ゼミナールで配属された研究室において卒業研究Ⅰ・Ⅱを行います。4年次前期(第7セメスター)に卒業研究Ⅰを履修し、最初に各自のテーマの選定、研究計画の作成を行い、研究を進めます。引き続き4年次後期(第8セメスター)に卒業研究Ⅱを履修し、研究をより深め卒業論文の完成を図ります。卒業研究Ⅰ・Ⅱはそれぞれ250時間以上の総学修時間を必要とします。
履修の注意点:課程表に記載された卒業研究着手条件を満たした者のみが履修できます。条件を満たした直後のセメスターから開始できるので後期からの卒研着手となる学生もいます。

授業運営

1研究室には10名前後の学生が所属し、指導教員の助言に基づき、原則として各自が独自の演習課題を行います。学生はほぼ毎日所属研究室において研究活動を行います。卒業研究Ⅰと並行して輪講Ⅰも行われます。また、大学院生を交えた討論会、研究報告会を開催する研究室もあります。

評価方法

卒業研究Ⅰは第7セメスターの終了時に各研究室による中間報告等により研究の進展が審査されます。卒業研究Ⅰに合格した者は、引き続き第8セメスターで卒業研究Ⅱを履修することが許可されます。評価に際しては、日常の研究活動や研究姿勢、発表討論能力なども評価され、最終評価は合・否で与えられます。

オフィスアワー

配属された研究室の教員より通知されます。

使用書

研究開始時にテーマごとに指定する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.