授業科目
Course Title

生物有機化学
Organic Chemistry of Biosubstance

担当者
Instructor

教授   上村 大輔
後 火5

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

 生命を理解しようとする知的活動は急速に発展しつつある。本講義では生命を連続する有機化学反応と捉えて理解するための基盤を修得する。最先端の遺伝子工学も含めて講義を展開し、生物有機化学の基礎から今後発展するであろう方向性までを受講生の学習到達目標としたい。

授業内容
Course Content

 生物有機化学の一次代謝産物の構造から講義を展開し、代謝さらには遺伝情報の発現、遺伝子工学までを修得させる。

授業計画
Course Planning

各回の講義内容は次のように予定している。しかし時間の関係で若干前後する場合もある。
1.生物化学序論
2.アミノ酸、ペプチド、たんぱく質の化学
3.糖質の化学
4.脂質の化学
5.核酸の化学
6.酵素の化学
7.生物活性物質
8.代謝総論
9.糖質の代謝
10.脂質の代謝
11.核酸の代謝
12.遺伝子情報の発現
13.遺伝子工学
14.まとめ

授業運営
Course Management

 教科書を指定するので購入するとともに、予習復習をしっかりすることが必要である。板書もするが、資料配布も行う。毎回ショートテストを実施する。

評価方法
Evaluation Method

 ショートテスト(20%)と期末試験(80%)により評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

随時対応。E-mailにも対応する。
居室:1-232
E-mail:uemurad@kanagawa-u.ac.jp

使用書
Textbook (s)

泉屋伸夫・野田耕作・下東康幸『生物化学序論』第2版[㈱化学同人]1998年

参考書
Book (s) for Reference

上村大輔・袖岡幹子『生物化学への展開』第1版[岩波書店(岩波講座 現代化学への入門15)]2006年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.