授業科目

環境分析化学
Environmental Analysis

担当者

教授   西本 右子
前 月2

単位

2

到達目標

 受講生が環境問題を理解する上で必要となる環境試料の分析について知識を習得し、分析項目及び分析値について正しい判断ができるようになることが本科目の到達目標である。
 また理学部のカリキュラムポリシーに従い、分析化学系科目についても基礎から応用まで一貫して知識を習得できるようになっている。本科目は分析化学の基礎知識や機器分析の基礎知識を前提に進める応用展開科目である。基礎科目を学んだ上で受講することが望ましい。

授業内容

 環境試料の測定では、サンプリング、試料の前処理が重要である。また、環境中の化学物質は一般に低濃度であるので、高感度、高選択性の分析法が必要となる。本講義では環境試料を取り扱うために必要なサンプリング・前処理の方法、環境試料の分析で用いられる機器分析法、環境試料の分析の実際について解説する。分析化学の基礎知識を前提とする。

授業計画

各会の授業計画は以下のように予定しているが、進捗状況によって若干前後することもある。初回の講義でシラバスの記載事項の確認をする。予めテキストの第1編を予習して授業に臨むこと。復習としては環境基準等との関連を考察し、分析化学の周辺科目との関連についても確認すること。なお予習・復習合わせて各回4時間の自己学習を想定しているが、予習については休日等を利用して複数回分をまとめて行うと全体の関連がわかるので効果的である。
1.シラバスの確認と環境と汚染、環境化学入門
2.試料の採取と保存:水試料・大気・土壌
3.試料の調製と測定の準備:陸水
4.試料の調製と測定の準備:海水
5.試料の調製と測定の準備:大気、土壌
6.試料の前処理と正しい分析値の取り扱い
7.まとめと演習:これまでの内容について小テストを実施し、終了後に解説する。
8.環境分析に用いられる機器分析法:吸光光度法・蛍光光度法
9.環境分析に用いられる機器分析法:原子吸光分析・ICP-AES・ICP-MS
10.環境分析に用いられる機器分析法:クロマトグラフィー
11.環境分析に用いられる機器分析法:X線分析
12.環境分析に用いられる機器分析法:電気分析
13.環境分析に用いられる機器分析法:質量分析,IR,NMR
14.まとめと演習:これまでの内容について小テストを実施し、終了後に解説する。

授業運営

テキストを中心に講義形式で進める。
レポートを課す。
テキストをよく読んで充分予習した上で授業に臨むこと。
授業では毎回10分程度の小テストを実施するので、できなかったところを復習しておくこと。

評価方法

レポート、毎回の小テスト、まとめのテストによって総合的に評価する。(レポート30%、小テスト30%、まとめのテスト40%)

オフィスアワー

質問等は授業開始前及び終了後に教室で受け付ける他、随時研究室2-230で受け付ける。

使用書

合原眞他『環境分析化学』[三共出版]2015年

参考書

大谷肇他『機器分析』[講談社(エキスパート応用化学テキストシリーズ)]2015
日本分析化学会北海道支部編『環境の化学分析』[三共出版]
中村栄子他『環境分析化学』[裳華房]2014年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.