授業科目

分析化学(機器分析入門)
Analytical Chemistry  (Introduction to Instrumental Analysis)

担当者

教授   西本 右子
後 木1

単位

2

到達目標

 機器分析手法の原理・得られる情報・解析法について知識を習得することを目標とする。受講生が、試料と目的に応じて、多くの手法からどの手法を選択し、どのように測定すれば良いか、得られた情報は正しいか、正しく判断できることが最終目標である。
 理学部のカリキュラム・ポリシーに従い、分析化学系の授業科目についても、基礎から応用展開科目まで体系的に身につけることができるようカリキュラムを編成しており、本科目は分析化学の入門的な知識と古典分析の知識を身につけた上で、機器分析について入門的な知識を身につける役割を持っている。そのため、基礎無機分析化学や分析化学Ⅰを履修した上で本科目を履修することが望ましい。また分析化学Ⅲや環境分析化学等の応用展開科目を履修しようと計画している者は、本科目を先に履修することが望ましい。

授業内容

 機器分析法の入門的事項を取り扱う。主に基本的な手法について、原理・操作法・解析法・得られる情報について解説する。各測定手法ごとに必要な前処理についても触れる。

授業計画

講義内容は以下のように予定しているが、進捗状況により、前後することがある。初回にシラバスについて確認し,詳細な進め方を説明する。
予習として予め各回のテキストの該当箇所をよく読んで授業に臨むこと。復習としては他の分析手法との関連、差異を整理しておくこと。また予習・復習は毎回約4時間の自己学習を前提とするが、関連の単元をまとめて復習することは効果的である。
1.機器分析概論
2.吸光光度法
3.原子吸光分析法
4.発光分析法
5.電気分析法
6.クロマトグラフィー:総論とGC
7.クロマトグラフィー:LCと発展
8.演習とまとめ:これまでの内容について小テストを実施し、終了後解説する。
9.X線を用いた分析法
10.熱分析:総論とDSC
11.熱分析:TGとTMA,発展
12.その他の分析法
13.数値の取り扱い
14.機器分析のための試料の前処理

授業運営

1.講義はテキストを中心に進める。
2.随時演習問題、小テストを実施する。
3.必要に応じ、レポートを課す。
4.必要に応じてDVD教材を使用する。
5.予習として、毎回該当箇所のテキストを読んでから授業に臨むこと。
6.演習問題や小テストの内容を復習しておくこと。
7.定期テストを実施する。解説はdotCampusに示す。

評価方法

演習・小テスト50%、最終テスト30%、レポート20%により総合的に評価する。

オフィスアワー

質問等は授業開始前及び終了後で教室で受け付けるほか随時研究室(2-230)で受け付ける。

使用書

大谷肇他『機器分析』[講談社(エキスパート応用化学テキストシリーズ)]2015

参考書

保母敏行、小熊幸一編『理工系機器分析の基礎』[朝倉]
蟻川芳子他編『ベ-シックマスタ-分析化学』[オーム社]
西本・小棹『基礎からわかる無機化学』[丸善]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.