※お気に入りに登録しました。

授業科目

分析化学(古典分析)
Analytical Chemistry  (Classical Analysis)

担当者

教授   堀 久男
後 火3

単位

2

到達目標

 あらゆる科学技術の分野においては自然界のものであれ人工的なものであれ様々な物質を取り扱う。その物質にどのような成分がどのくらい含まれているのか調べる方法を探求する学問が分析化学である。最近は様々な分析装置を用いる時代となっているが、どんないい装置があっても使う人間が試料の取り扱いや測定値の解釈の仕方を理解していなければ正しい結果は得られない。本講義の目標は理学部化学科のカリキュラム・ポリシーおよびディプロマ・ポリシーに従い、受講生が分析化学的な考えや手法を丸暗記でなく本質的に理解し、活用する能力を身につけることにある。

授業内容

 測定データの取り扱いから古典的な重量分析、容量分析(各種滴定法)、相と相との間における平衡関係とその応用(イオン交換、溶媒抽出、クロマトグラフィー等)、さらには初歩的な機器分析技術まで取り上げる。

授業計画

毎回予習と復習を行うことが推奨される。

1.分析化学とは
2.測定データの取扱い・・誤差、有効数字、標準偏差
3.酸・塩基平衡
4.溶液の性質(1)pHの計算・・強酸、強塩基、弱酸、弱塩基、塩の水溶液や緩衝溶液
5.溶液の性質(2)活量、イオン強度
6.酸・塩基滴定  
7.沈殿分離
8.溶媒抽出(1)・・抽出の原理、分配比、抽出率
9.溶媒抽出(2)・・キレート抽出
10.イオン交換(1)・・イオン交換平衡、イオン交換体
11.イオン交換(2)・・イオン交換容量の計算や応用
12.クロマトグラフィー(1)原理と分類
13.クロマトグラフィー(2)カラムクロマトグラフィー、薄層クロマトグラフィー
14.機器分析入門

授業運営

パワーポイント、プリントなど。総合演習は数回に分けて実施する場合がある。

評価方法

期末テストと演習の結果で総合的に評価する。評価項目の割合:期末テスト(80~90%)、演習(10~20%)。

オフィスアワー

授業時間終了後、その場で受け付ける。

参考書

井村久則、鈴木孝治、保母敏行『分析化学I』[丸善出版]2012
黒田六郎、杉谷嘉則、渋川雅美『分析化学』[裳華房]2010

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.