授業科目
Course Title

化学表現
Reading in Chemistry 

担当者
Instructor

教授   平田 善則
前 火1
教授   松原 世明
前 火1

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

 本授業の到達目標は、受講生が、①英語の化学論文を読むための英語の基礎力を獲得すること、②物理化学分野で用いられる英語の専門用語を理解できるようになること、である。卒業研究を遂行する過程で必要な英語の文献や資料を読解する力を養成するための必修科目である。

授業内容
Course Content

 化学論文のほとんどは英語で書かれており、インターネット上でも有用な情報の多くは英語で書かれている。専門分野の情報収集には、英語の読解能力が不可欠である。このことは卒業研究の履修に際し実感するだろう。本授業では、化学英語の講読により英文を正確に理解する力を養うとともに、物理化学分野の用語について学ぶ。

授業計画
Course Planning

 テキストとして” Peter Atkins著、「Reactions: The Private Life of Atoms」、Oxford Univ. Pr. (2011)"の一部(初回に配布)を用い、英文講読を中心に授業を進める。受講者が授業中にテキストの英文を読み和訳を行った後それに対する修正、解説を行うことを繰り返し、英文解釈の力を育てる。英文の構造を正確に理解し、英文を読みながらそのまま内容を原文に忠実に解釈することが大切である。そうでなければ、英語力は身につかない。さらに、物理化学分野の重要な用語の一部を取り上げ解説する。
 授業では、受講者を指名しテキストの英文和訳を行わせるので、毎回十分な予習を行うこと。また、小テスト後には化学用語を復習すること、英文の構造に慣れるためにテキストの復習も十分に行うことが大切である。初回に説明する英語学習の心得をよく理解して正しい努力をすること。

1. シラバスの記載事項の確認、授業の進め方と英語学習の心得の説明
Water and Friends:
The water molecule
2. Water and Friends:
Liquid and solid water
用語の小テスト
3. Water and Friends:
Dissolving
用語の小テストと解説
4. Matter Falling Out (Precipitation)
用語の小テストと解説
5. Give and Take (Neutralization):
Meet the proton
用語の小テストと解説
6. Give and Take (Neutralization):
A little light language
用語小テストと解説
7. Give and Take (Neutralization):
A suggestion from Sweden
用語の小テストと解説
8. Give and Take (Neutralization):
Another suggestion from further south
用語の小テストと解説
9. Give and Take (Neutralization):
The consequent capture of strange fish
用語の小テストと解説
10. Give and Take (Neutralization):
Finally, at last, down to business
用語の小テストと解説
11. Burns Night (Combustion) :
Blazing metal
用語の小テストと解説
12. Burns Night (Combustion):
An old flame
用語の小テストと解説
13. Burns Night (Combustion):
Colourful incandescence
Sturm und drang
用語の小テストと解説
14. Back to Basics (Reduction):
用語の解説

 毎回の進度は、テキストの英文講読は2ページ前後、化学用語は14個を目安とする。

授業運営
Course Management

 毎回、十数人あるいはそれ以上の受講者を指名しテキストの音読、英文和訳を行わせ、その後、修正、解説を行う。また、化学用語の小テストを毎回行い、採点したものを返却し解説する。

評価方法
Evaluation Method

 授業中の小テスト(30%)、英文解釈をもとにした平常点(10%)と期末試験(60%)。

オフィスアワー
Office Hour (s)

 授業終了後。

使用書
Textbook (s)

 授業の初回にテキストを配布する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.