授業科目
Course Title

化学研究法
Practice in Chemistry 

担当者
Instructor

教授   加部 義夫
後 時間外
教授   河合 明雄
後 時間外
教授   川本 達也
後 時間外
教授   木原 伸浩
後 時間外
教授   辻 勇人
後 時間外
教授   西本 右子
後 時間外
教授   平田 善則
後 時間外
教授   廣津 昌和
後 時間外
教授   堀 久男
後 時間外
教授   松原 世明
後 時間外
教授   山口 和夫
後 時間外
教授   加瀬 友喜
後 時間外
教授   菅原 正
後 時間外
教授   渡辺 毅
後 時間外
准教授 鈴木 健太郎
後 時間外

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

化学科のカリキュラムおよびディプロマポリシーに従って、受講生が配属された研究室の専門分野で4年次の卒業研究を進めることが出来る能力を習得することを目標とする。

授業内容
Course Content

本授業は受講生が配属された研究室で4年次の卒業研究の実施に必要な基礎的事項を習得するための講義と演習である。

授業計画
Course Planning

配属先の研究室において以下の内容について講義、演習を行う。ただし研究室の専門分野により内容と順序に変更あり。 毎回の予習と復習が推奨される。
1.文献の調査(1)データベースの利用
2.文献の調査(2)1次文献、2次文献
3.化学論文英語(1)電子ジャーナルの利用
4.化学論文英語(2)速報、フルペーパー
5.機器分析法(1)各種分光法
6.機器分析法(2)演習 
7.実験計画書のまとめ方(1)研究背景
8.実験計画書のまとめ方(2)プロポーサル
9.データの処理(1)数値計算、各種ソフトウェアの利用
10.データの処理(2)計算化学
11.卒業論文のまとめ方(1) 文章の組み立て(アウトライン)
12.卒業論文のまとめ方(2) 文章の構成(パラグラフライティング)
13.プレゼンテーションの仕方(1)化学式描画ソフト
14.プレゼンテーションの仕方(2)プレゼンテーションソフト

授業運営
Course Management

卒業研究を実施する予定の研究室に配属が内定した学生に対して、その研究室の教員が指導する。専門分野によってはいくつかの研究室の合同でも開講される。

評価方法
Evaluation Method

課題で評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

担当教員の研究室にて随時質問等を受け付ける。詳細は担当教員に確認すること。

使用書
Textbook (s)

配属研究室の指導教員が指示する。

参考書
Book (s) for Reference

配属研究室の指導教員が指示する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.