授業科目
Course Title

化学研究法
Practice in Chemistry 

担当者
Instructor

教授   加部 義夫
前 水2
教授   河合 明雄
前 水2
教授   川本 達也
前 水2
教授   木原 伸浩
前 水2
教授   辻 勇人
前 水2
教授   西本 右子
前 水2
教授   平田 善則
前 水2
教授   廣津 昌和
前 水2
教授   堀 久男
前 水2
教授   松原 世明
前 水2
教授   山口 和夫
前 水2
教授   菅原 正
前 水2
教授   上村 大輔
前 水2
准教授 鈴木 健太郎
前 水2

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

理学部化学科のカリキュラムおよびディプロマポリシーに従い、本科目では受講生がいくつかの研究分野又は研究テーマに興味を持ち、卒業研究を行なう研究室を選択できるようになることを目標とする。

授業内容
Course Content

各教員が、それぞれの研究を題材にしながら、テーマの設定、研究の進め方、研究のまとめ方について講義する。この講義は、卒業研究に際して配属を希望する研究室を選択するために最も重要であり、直接的な情報源でもある。

授業計画
Course Planning

授業の初回の冒頭でシラバス記載事項を確認し、毎回の予習と復習を推奨する。各教員が下記のタイトルで講義を行なう。理解を深めるために研究室を訪問し、さらに具体的な研究内容や成果について質問することを推奨する。

1.この授業のガイダンス(河合)、創薬シーズを海に求めて(上村)
2.有機ケイ素を鍵として理論・合成・材料化学まで(加部)
3. 新現象発見と独創的観測法の開拓 ~活性酸素とイオン液体を例に~(河合)
4.物性的に魅力ある金属錯体の開発(川本)
5.有機合成、超分子触媒から酸化分解性ポリマーまで(木原)
6.学習する分子回路とベシクル型人工細胞(菅原)
7.良く光り,電気を通す有機物を作る(辻)
8.分析化学で守る環境−水と空気を中心に−(西本)
9.第一遷移金属を積極的に利用した機能性分子の探索(廣津)
10.溶液反応と液体のミクロな動き(平田)
11.環境の保全・浄化、および資源循環のための新技術の開発(堀)
12.計算化学で化学事象の原理をどこまで明らかにできるか(松原)
13.超分子の設計・合成・機能(山口)
14. 共同研究者による研究紹介、卒業研究を行う研究室への配属に関するガイダンス(河合)

授業運営
Course Management

各講義でレポートの課題を出す。その中から少なくとも4通のレポートを出さなければならない。

評価方法
Evaluation Method

レポートにより評価する。ただし、出席率が60%に満たない者は評価の対象としない。

オフィスアワー
Office Hour (s)

授業の内容についての質問や指摘については授業後、その場で受け付ける。

使用書
Textbook (s)

藤原鎮男『専門基礎:化学入門』[廣川書店]2008

参考書
Book (s) for Reference

松本正勝 他『化学の魅力I』[御茶の水書房]2010
木原伸浩 他『化学の魅力II』[御茶の水書房]2010

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.