授業科目

化学表現
Reading in Chemistry 

担当者

教授   廣津 昌和
後 水2

単位

2

到達目標

本講義の到達目標は、受講生が、①周期表元素名および数字・数式・化学式の英語での読み方を知ること、②無機化合物の命名法を知ること、③「酸と塩基」に関する概念を英語表現を通して学ぶこと、④化合物の合成実験法を読んで、実験が正しく行えるよう読む訓練を行うこと、さらには基礎的化学用語の演習テストや無機化合物名に関する演習テスト、等々を通じて「化学英語の勉強」から「英語で化学を勉強」できるようになる力をつけることである。
理学部のカリキュラムポリシーに従い、幅広い教養、コミュニケーション能力、情報処理能力、及び理学の基礎から高度な化学に至る物質科学の知識と技術を修得し、それによって社会の中核として活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを作成しており、本講義はそのなかで、英語でのコミュニケーション能力と専攻科目に必要な語学力を身につける役割を持つ。

授業内容

化学における英語表現と日本語表現の違いを、周期表元素名、無機化合物の命名法、数字・数式・化学式の読み方、化学の基礎概念などを通して学べるようにする。授業計画の(1)では英語と日本語の表現の違いだけでなく、アメリカ人が吹き込んだカセットテープを使用して、聴きわける訓練も行う。(2)~(6)では無機化合物命名法に基づく英文表記の化合物名を日本語名と化学式で表現できるようにする。無機化合物名80語の演習テストを4回に分けて行う。(7)では分数、加減乗除、べき数と根の表現、対数・微積分などの英語表現を学ぶ。(8)~(11)では「酸と塩基」に関する概念を英語表現を通して学ぶ。(12)では英英辞典中の化学用語を読む訓練を行う。さらに(13)(14)では英文で表現された無機化学の代表的な合成実験法のテキストについて、正確に読んで、実験が正しく行えるよう読む訓練を行う。そこでは英文の単なる逐語訳ではなく、合成実験の手順をフローチャートにしたり、実験装置の概略図が書けるような読み方を目標にする。また、これまでの学修成果を活かし化学英語の演習を行う。英文で書かれた種々の化学文献を読むのに必要と思われる最小限度の基礎的化学用語を、毎回課す演習テスト(基礎的化学用語(II)300語より出題)を通して覚え、「(化学)英語の勉強」から「英語で(化学を)勉強」できるような足がかりとする。

授業計画

各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
予習として、各回の該当頁を予め読んでくること。特に8回目以降は英文和訳しておく必要がある。
毎回行う演習テストを活用して復習することが効果的である。
(1)周期表元素名
(2)無機化合物命名法①~化合物名日本語表記の原則
(3)無機化合物命名法②~無機化学命名法の基礎原理と文法
(4)無機化合物命名法③~イオンと原子団
(5)無機化合物命名法④~酸とその誘導体
(6)無機化合物命名法⑤~配位化合物、有機金属化合物
(7)数字・数式・化学式の読み方
(8)「Chemistry」- Acids and Bases①
    ~Classification of acids and bases
(9)「Chemistry」- Acids and Bases②
    ~Equilibria involving acids and bases, Acid strength
(10)「Chemistry」- Acids and Bases③
    ~Equilibrium calculations, The pH scale
(11)「Chemistry」- Acids and Bases④
    ~Reactions of acids and bases, Titration reactions, Buffer solutions
(12)英語辞典および化学辞典の読み方
(13)無機合成実験のテキストより:有機金属錯体「ツァイゼ塩」の合成①~Procedure
(14)無機合成実験のテキストより:有機金属錯体「ツァイゼ塩」の合成②~Properties

授業運営

1. 講義はオリジナルのテキストを使用して行う。適宜カセットテープも使用する。
2. 毎回の講義の初めに基本的化学用語の演習テストを行う。無機化合物命名法の回では英文表記の化合物名について日本語名と化学式を表現する演習を毎回行う。次回に添削した答案を返却し、正解及び誤りの多かった用語についての解説を行い、復習に利用させる。
3. 毎回の講義の終わりに次回のテキストの予定箇所を話し、その部分の予習を義務づける。

評価方法

毎回の演習テスト(15%)と定期試験(85%)の結果に基づいて評価する。
定期試験の解答内容についての問い合わせは、試験後個別に受け付けるので、今後の学習に活用して欲しい。

オフィスアワー

授業終了後、その場で。

使用書

日本化学会命名法専門委員会 編『化合物命名法』第2版[東京化学同人]2016年
この講義用に作成したオリジナルテキスト(最初の講義で配付)を毎回使用する。

参考書

文部省・日本化学会『学術用語集 化学編(増訂2版)』[南江堂]1991年
足立吟也 他 編『化学英語の活用辞典』[化学同人]2000年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.