授業科目

オブジェクト指向プログラミング
Object-Oriented Programming

担当者

教授   桑原 恒夫
前 火2

単位

2

到達目標

受講生がJavaの最も基本的な事項を理解し、オブジェクト指向的なプログラミングの構成法を体得した上で、自力でJavaによる簡単なプログラミングができるようになることである。

授業内容

現在のソフトウエア技術の中でオブジェクト指向技術は一大潮流をなしている。本授業ではオブジェクト指向言語の代表であるJava言語の基本文法を例題に沿って解説しつつ、オブジェクト指向技術の基本概念についても解説する。1、2年生でCの言語の学習に続き、3年で流儀の異なるJava言語を学ぶことは情報科学の知識の幅を広げることを意味する。そのことは情報科学科のカリキュラムポリシーにも合致する。

授業計画

1.シラバスの記載事項確認、オブジェクト指向の基本概念、ソフトウエア開発工程の概略(要求分析、設計、プログラミング、デバッグ、バージョンアップ)Javaプログラミングの手順(ソースフファイルの作成、コンパイル、実行。そのための環境設定)
2.クラスとインスタンス
3.継承
4.配列、キャスト、インターフェース
5.文字列、処理の流れの制御
6.パッケージとアクセス制限
7.GUI(1) 画面構成
8.GUI(2) イベントの処理
9.GUI(3) FXMLによる画面の表現
10.電卓プログラムを例としたこれまでの重要事項の総合解説
11. 例外処理
12.ファイルへのデータの入出力
13.総合演習(e-ラーニングベースの総合問題の演習)
14. 総合演習2(期末試験の過去問題を用いたペーパーベースでの演習)
[予習・復習]
 Webにより各回の講義資料を公開するので、講義箇所の予習・復習を毎回行うこと。特に、毎回の演習問題で授業中に自力で解けなかった場合はそれをよく復習しておくこと。目安として1回あたり予習1時間程度、復習3時間程度。

授業運営

[授業時間中の運営]
解説とともに毎回演習を行う。演習は穴埋め問題形式のWeb型e-ラーニングを中心にしつつ、実際のソースコード作成も適宜取り混ぜて行う。PCルームでの授業を予定している。

評価方法

期末試験(ペーパーテスト)

オフィスアワー

木曜日5時間目2-221

参考書

桑原恒夫『3日で解るJava』第2版[共立出版]2000年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.