授業科目
Course Title

プログラミング
Programming 

担当者
Instructor

教授   木下 佳樹
前 火1/火2
講師   武山 誠
前 火1/火2

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

受講生が、プログラミングの基本概念、とくにポインタ、構造体、入出力、メモリ管理、再帰呼び出し等についての理解を身につけることを目標とする。

授業内容
Course Content

プログラミング入門の授業である。プログラミング言語Cを対象に行う。「プログラミングI」あるいはそれと同等の知識、技能を前提として授業を進行する。プログラミング言語の基本的な機能を復習した後、ポインタ、構造体、再帰呼出しなどのより高度な機能にふれ、さらにこれらを用いてデータ構造とアルゴリズムの初歩について講義する。

授業計画
Course Planning

以下の項目について学ぶ。自己学習として、講義1回あたり2時間程度の予習と2時間程度の復習を想定する。予習として、以下を含むノートを各自が講義前に作成することを期待する:①使用書の各回関連部分を読んでクイズ、練習問題、演習問題に挑戦した結果、②自己学習状況の説明(関連部分の習得に必要と自覚した理解項目全体、そのうち予習で理解した項目、理解できなかった項目に関する疑問点、を明確に文章化したもの)。復習としては、各自が以下で適宜ノートを拡充することを期待する:①使用書中の問題と講義中の小テストの解答自作、②疑問点解決結果の説明、残る疑問点への対処の計画と実施結果の自己確認、成功体験の積み重ねを目的とした練習( 解ける範囲で解きたい問題を自ら設定してプログラム自作で解決)

01. シラバス記載事項の確認、プログラミング言語Cの言語仕様1(表示、式の計算、変数;基本型)
02. プログラミング言語Cの言語仕様2(if文、条件式、switch文)
03. プログラミング言語Cの言語仕様3(for文、while文、文と複文)
04. 関数、再帰と一般化(仮引数/実引数、局所変数、再帰呼び出し;繰り返しと再帰)
05. 多次元配列(基本、文字列)
06. 構造体(基本、配列と構造体)
07. ポインタ(基本、配列とポインタ、構造体とポインタ)
08. ファイル入出力
09. ポインタ演算、構造体•ポインタと関数;派生型の体系
10. 自己参照的構造体(リストと二分木の表現、構造体へのポインタの操作;データ構造の帰納的定義;動的メモリ管理)
11. 再帰的処理(リストと二分木の走査と分析;データ構造に沿った再帰)
12. 応用1(二分探索木)
13. 応用2(ハッシュ表)または 発展(共用体を用いた構文木の処理)
14. 総復習

授業運営
Course Management

使用書[1]および[2]の例題とプログラム例に沿ってC言語の基本概念を説明する。基本的概念を体系的知識の中に位置づけ、発展的内容を自ら習得できるようになるよう、電子化配布資料を併用する。理解度の確認と整理のために講義の終わりに小テストを行う。講義中に参照するため、受講者は必ず使用書を携行すること。講義中の電子化資料配布と小テスト提出のために、受講者はdotCampusシステムを使えるノートブックパソコンを携行すること。

評価方法
Evaluation Method

学期末試験と小テストの成績をもとに総合的に評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

火曜日13:30-15:00。電子メイルでの質問や相談にも随時対応する。

使用書
Textbook (s)

結城 浩『新版 C言語プログラミングレッスン 入門編』[ソフトバンク クリエイティブ]2006
カーニハン、リッチー (石田訳)『プログラミング言語C ANSI規格準拠』第2版[共立出版]1989

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.