授業科目

アルゴリズム論
- アルゴリズム、データ構造の基礎 -
Algorithms 

担当者

教授   後藤 智範
前 月2

単位

2

到達目標

受講生が以下の内容について理解、修得することを目標とする。
  (1) 集合を表現する基本的なデータ構造(配列、リスト、木、グラフ{基礎的な})
  (2) 基礎的なアルゴリズム(探索、整列、文字列探索)
  (3) (1)、(2)のプログラミング言語(C言語プログラム)レベルでの論理構造

授業内容

 本講は、情報科学の基盤科目の1つであるデータ構造-アルゴリズム論の入門である。
本講では、基本データ構造-アルゴリズムについて、詳細かつ具体的に解説する。
受講者は担当者の下記サイトの該当ウェブページに詳細が記述されているので必ず参照すること。
http://angelos.info.kanagawa-u.ac.jp/
上記URLにおいて、左フレームの担当科目から当科目のpageにアクセスすることができる。
本講義は、評価対象として演習問題を課すため、受講条件として以下の科目を単位取得していることが必要である(詳細については、該当ウェブページを参照)。
   プログラミングⅠ、プログラミング演習Ⅰ

授業計画

 各回の講義は以下を予定している。
  第 1回 アルゴリズムとデータ構造Ⅰ(計算量)
  第 2回 アルゴリズムとデータ構造Ⅱ(データ構造)
  第 3回 課題プログラム作成の準備
  第 4回 配列: 表探索
  第 5回 レポート課題作成説明・準備
  第 6回 配列: 整列Ⅰ-初等的整列法
  第 7回 文字列探索Ⅰ
  第 8回 リストⅠ: 線形リスト
  第 9回 リストⅡ: スタック、キュー
  第10回 木構造Ⅰ: 木構造-配列と完全木
  第11回 木構造Ⅱ: 優先木
  第12回 木構造Ⅲ: 探索木
  第13回 グラフⅠ: グラフの表現: 構造と方法
  第14回 試験(60分)および解説と質疑応答(40分)
 講義内容により難易度の相違があり、受講者個人にとって十分理解できないこともある。したがって、各回毎に以下のような予習・復習をすることがが望ましい。
  予習(1時間):    事前に各回の講義内容のテキスト(PDFファイル)を読む。
  復習(1~1.5時間): 理解が不十分な概念・事柄について、テキストの該当箇所を再度読見直す。
上記以外にOffice Hourの時間帯に質問も受け付ける。

授業運営

 全て講義形式による。テキスト内容に基づき、各テーマについてわかりやすく、具体的に説明する。授業運営の詳細については上記web pageに掲載する。本講義の最終回に演習課題の説明および試験を実施する。

評価方法

 レポート(プログラム作成、5課題)、および最終回に実施する試験により評価する。

オフィスアワー

日時: 月曜日14:00~17:00 および 火曜日13:30~17:00
場所: 2-205

使用書

使用テキストは、【授業内容】で挙げた担当者のHPにおいて、各回毎にPDFとして掲載されている。使用テキストにアクセスするためには、password、userIDを必要とするが、第1回目の講義の際に提示する。各自、このPDFファイルをダウンロードし、printerに出力する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.