※お気に入りに登録しました。

授業科目

プログラミング
Programming 

担当者

教授   海谷 治彦
後 月5

単位

2

到達目標

C言語の一通りの文法を学生が身につけて、並行して開設するプログラミング演習Ⅰを学生が履修可能になるようにする事。また次のプログラミングⅡの履修を学生が可能となること。

授業内容

C言語の基礎文法を中心に講義する。
授業中において,実際に小規模なプログラミング演習も行う。

授業計画

本授業では,予習は不要である.
徹底的に復習を行なうこと.
毎回の授業において,サンプルプログラムが提示される.
このプログラムの実行を必ず行なうこと.
また,サンプルプログラムを独自に改造し,その実行も復習で行なうこと.
また,ほぼ毎回の授業において,プログラミングの演習課題が課される.
この課題を〆切(原則,翌週の授業日前)までに完成させ,LMSに提出すること.

01 概要説明 教科書 0章 C 言語とは
02 数と計算,数値の入力 (教科書 2-3章)
03 if文, if-else文とブロック (教科書 4章)
04 if-else if 文, 複雑な条件式
05 while文 (教科書 7章)
06 問題文をプログラムへ翻訳するコツと考え方
07 関数 (教科書 8章)
08 数値配列 (教科書 9章)
09 文字列と文字の配列,文字列の入力 (教科書 9章)
10 構造体 (教科書 10章)
11 ポインタ 1/2 (教科書 11章)
12 ポインタ 2/2 (教科書 11章)
13 ファイル (教科書 7, 12章) 代入文の値利用
14 switch文, for文 (教科書 5, 6章), まとめ

授業運営

この講義で初めてプログラミング言語に触れる学生も多いと想定されるので、例題を豊富に使いながら解りやすい講義に努める。毎回授業の最後に簡単な演習問題およびその解説を行い、学習内容の確実な理解を深める。実際のプログラミングなどを交えた授業とする予定であるため、PCルームで授業を行う予定である。
[予習・復習]
 Webにより各回の講義資料を公開するので、講義箇所の予習・復習を毎回行うこと。特に、毎回の演習問題で授業中に自力で解けなかった場合はそれをよく復習しておくこと。尚,各回の予習と復習をあわせて,概ね4時間を費やすこと.

https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/p1/

評価方法

毎回行うプログラム演習の結果を50%,
期末試験の結果を50%として評価する。

オフィスアワー

月曜日 4限 6-214室にて.

使用書

『参考書の最初の2つのうちの1つを購入することをお勧めする,熟練者を自負するものは3つ目でもよい』

参考書

結城 浩『新版C言語プログラミングレッスン入門編』[ソフトバンククリエイティブ]2006
柴田 望洋『新・明解 C言語』[ソフトバンククリエイティブ]2014
Steve Oualline『C実践プログラミング』第3版[オライリー・ジャパン]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.