授業科目
Course Title

線形代数
Linear Algebra 

担当者
Instructor

教授   阿部 吉弘
前 火3/木1
助教   小関 祥康
前 金1
講師   加藤 昭男
前 火3
講師   岸 康人
後 金4

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

行列と行列式の性質を基本変形と関連付けて理解し、その上に立って、連立方程式の解を求めることができること、行列式の値を計算できること、さらに、その数学的な理論の展開を理解し応用できることを目標とする。

授業内容
Course Content

線形代数の入門として、行列と行列式の性質について講義する。まず、行列の加法・乗法の計算に慣れる。次に、基本変形を使って連立方程式を解き、逆行列を求めることを練習する。後半は、置換の概念になじんだ後に、行列式の定義と性質を学ぶ。特に、余因子展開と基本行列を利用した行列式の計算法に習熟する。

授業計画
Course Planning

授業内容としては、以下のように予定している。各回ともに、その内容にあたる部分の数学的な概念と計算練習について予習復習を毎回行うこと。また、わからないことは質問をするなどして各授業の時点で解決するように心がけ、内容を習熟できるように勉強に励むこと。

1:行列の定義と加法、乗法
2:単位行列、正則行列と逆行列
3:行列の基本変形と基本行列
4:連立1次方程式の解法(掃き出し法)
5:掃き出し法による、逆行列の計算
6:階数と連立方程式の解
7:これまでのまとめと確認テスト・解説
8:置換と行列式の定義
9:行列式の性質(1):基本的性質
10:行列式の性質(2):基本変形と行列式
11:行列式の余因子展開
12:余因子行列と逆行列
13:行列式の幾何学的意味
14:これまでのまとめと確認テスト・解説

授業運営
Course Management

各回の授業は、講義と演習で構成される。数学的な概念の理解を深め、計算技能の習熟ができるように、その都度、黒板での受講生の問題解答も行う。

評価方法
Evaluation Method

確認テスト、および各受講生の授業への取り組みから、数学的な概念を理解して証明の正しい論理展開ができ、正確な計算技能を身につけているとみなせれば合格点の60点とする。さらに、応用問題が解けるなど理解を深めているとみなせればその程度に応じて加点をして評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

在室時はいつでも対応可能。不在の場合は、他の数理コース教員も対応します。

使用書
Textbook (s)

長宗雄ほか『線形代数』[東京教学社]2012年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.