授業科目
Course Title

科学技術英語
English for Science and Technology 

担当者
Instructor

教授   小笠原 強
前 月2/金2
教授   渡辺 毅
前 月2/水2/金2
講師   鈴木 季直
前 金2
講師   梨本 治男
前 月2
講師   畑中 泰道
前 金2

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

数理・物理学科、情報科学科、化学科、生物科学科、および総合理学プログラム向けの理系のための英語科目である。後期開講の科学技術英語Ⅱを含めて、多くの受講生が「工業英語検定試験」(単位認定)三級レベル程度以上の基礎力をつけることを最終的な到達目標とする。そのために、まず基本的な英文法の確認と復習をしっかりと行なう。また、構文(一文の構成、成り立ち)を考え、辞書を正確に引くことをここで改めて訓練する。すなわち、英文の骨となるS, V, O, Cが読みとれること、すべての単語の品詞が明確に判別できることを当座の目標とする。発音はカタカナ的発音で、読み違いなく、一通り音読出来ればよい。初めてみる英文でもある程度のルール(文法)を味方に付けると、記述の意味は自ずと判読できる。理系ならではの英文訳読を目指す。

授業内容
Course Content

科学技術には国境がない。母国語であるなしに関わらず、英語はこれまでにも科学技術の伝達手段としてひろく用いられてきた。本科目ではタイトルにあるように、科学的な記述についてまず誤読のないきわめて基本的な訳読作業を行う。次に、科学ならびに技術に関する英語記述に慣れ、科学記述特有の論理の「流れ」を体感する。洋の東西を問わず、論理的な記述法には変わりがない。論理的な読解訓練はまた論理的な思考を育む。
 教材は自然科学分野の英文記述からクラスごとに適宜選定する。教員の工夫した独自のプリント教材も配布する予定である。教材については掲示で周知する。いずれにしても、大学理系英語記述の習熟にさらなる向上を目指す諸君は、後期の「科学技術英語II」の受講(科学技術英語Ⅰの履修は前提としない)をも勧める。

授業計画
Course Planning

本科目には履修条件がある。履修要覧をよく見ておくこと。授業は少人数のクラスで行う予定である。初回の授業時におおまかなクラス分けを行う予定である。適切な受講数を超過する場合には、抽選によりクラスを指定することがあるので承知しておくこと。開講は週三回、月、水、および金曜日である。時間割表を確認し、いずれかの曜日のひとつの授業を受講すること。いずれにしても、掲示に十分注意し、テキストの指定などに混乱のないように心がけること。14回の授業の目安は、およそ以下のとおりであるが各クラスの理解状況により大幅に変更する場合がある。すなわち、受講生の理解が不十分な場合は同じセクションを何度も繰り返して学修する。本講義は復習よりとりわけ予習が肝心である。受講生は、まず声を出して英文を一度は読んでおくこと。前もって辞書にあたり単語の品詞を推測して、S, V, O, Cの見当をつけておくこと。あやふやな箇所をマークし、授業当日は構文つまり文の構造の徹底的な理解に専念すること。予習なくして何の進展もなし。

01. クラス調整、ガイダンスなど
02. 音読することの意味
03. 訳読の意味
04. 英文法の基本
05. 英文法の実際
06. 品詞の基本
07. 品詞の応用
08. パラグラフの意味
09. パラグラフごとの関連
10. 小タイトルの意味
11. 章のタイトルの意味
12. 目次の意味
13. グラフ、図、表の説明
14. 記述の流れ

授業運営
Course Management

まず、初回にクラス人数を調整配分する。全クラス共通のテキスト教材(市販)を使用する。履修希望者は学内で予め購入しておくこと。教材に沿っての訳読(記述内容の正確な理解)と基礎的な文法と構文(主にSVOC)を中心として教授する。理解度に応じて何回でも反復訓練を行うことがある。

評価方法
Evaluation Method

定期試験(クラス別問題と全クラス共通問題)の結果から総合評価する。いずれにしても、語学はスポーツや楽器の習得とまったく同じである。たゆまぬ積み重ねが不可欠である。当然授業には全出席すること。これは受講生の責務でもある。

オフィスアワー
Office Hour (s)

質問などは、必ず当日の授業終了時に行うように心がける。

使用書
Textbook (s)

石谷 由美子 ほか『Outlook on Science and Technology』14[南雲堂]
全クラス共通

参考書
Book (s) for Reference

なし。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.