授業科目

基礎化学演習
Basic Chemistry 

担当者

教授   平田 善則
後 火5
助教   力石 紀子
後 火5
助教   渡邉 信子
後 火5
助教   山西 克典
後 火5

単位

2

到達目標

 理学部化学科のカリキュラムおよびディプロマポリシーに従い、本科目では受講生が基礎化学演習Iに続いて2年次以降の学生実験や専門科目に必要な基礎知識と技術を、PC実習、演習、実験を通して習得することを目標とする。

授業内容

 情報検索ではデータベースの利用、PC実習では化学実験のレポート作成に役立つPCソフトウェアの実習、さらに危険物・毒劇物、化学情報検索についてPCを使いながら学ぶ。演習では誤差についてと指数・対数計算について学ぶ。実験では、ヨウ素滴定、有機定性分析と過酸化水素の分解速度について行い、化学実験の基本操作や薬品の取扱いに習熟するとともに、レポート返却と講評の時間をもうけ、良いレポートの書き方を習得する。

授業計画

演習の初回の冒頭で、シラバス事項を確認し、毎回の予習と復習の具体的な説明を行う。
[ガイダンス] 全体の説明、化学実験上の一般的注意、実験廃棄物の処理
[情報検索] データベースの利用
[PC実習]
 PC実習1.PCソフトを用いたグラフの書き方
 PC実習2.PCソフトを用いた化学式の作成
 PC実習3.危険物、毒劇物等危険な物質の取り扱い
[演習]
 演習1.誤差について(1)
 演習2.誤差について(2)
 演習3.指数・対数計算
[実験]
 実験1.ヨウ素滴低定
 実験2.有機定性分析
 実験3.過酸化水素の分解速度
 レポート講評(2回)
[全体のまとめ] 期末試験の過去問題などを演習し復習
[期末試験] 授業内試験

[実施予定(年度により変更あり)]
1回目 A,Bクラス:ガイダンス
2回目 Aクラス:情報検索/Bクラス:PC実習1
3回目 Aクラス:PC実習1 /Bクラス:情報検索
4回目 Aクラス:実験Ⅰ/Bクラス:演習1
5回目 Aクラス:実験Ⅱ/Bクラス:演習2
6回目 Aクラス:演習1/Bクラス:実験Ⅲ
7回目 Aクラス:実験Ⅰ,Ⅱレポート/Bクラス:PC実習3
8回目 Aクラス:PC実習2/Bクラス:実験Ⅲレポート 
9回目 Aクラス:演習2 /Bクラス:実験Ⅰ
10回目 Aクラス:PC実習3/Bクラス:実験Ⅱ
11回目 Aクラス:実験Ⅲ/ Bクラス:演習3
12回目 Aクラス:演習3/ Bクラス:PC実習2
13回目 A クラス:実験Ⅲレポート/Bクラス:実験Ⅰ,Ⅱレポート
14回目 A,Bクラス:期末試験

授業運営

 A、Bクラスに分かれて情報検索、PC実習、演習、実験を行う。 毎回演習ではショートテスト、PC実習では課題、実験ではレポートを提出させる。

評価方法

情報検索、PC実習では課題、演習ではショートテスト、実験ではレポートを中心に評価する。最後にその年度の期末試験を実施する。課題、シュートテスト、レポートが2/3で期末試験1/3の割合で最終評価とする。

オフィスアワー

演習の授業中に、質問を随時受け付ける。

使用書

プリントを配付する。

参考書

日本化学会編『化学安全ガイド』[丸善]1999年
渡辺正編著(日本化学会)『化学ラボガイド』[朝倉書店]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.