授業科目

基礎化学演習
Basic Chemistry 

担当者

助教   力石 紀子
前 金1
助教   渡邉 信子
前 金1
助教   山西 克典
前 金1

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、①基本的な化学実験操作を習得すること、②情報の調べ方、参考文献の記述の仕方を知ること、③実験ノート及びレポート作成の基本を習得すること、等々を通じて化学科1年次後期以降に必要と思われる基礎を身につけることである。
 このように、本講義は理学部のカリキュラム・ポリシーである理学の基礎から高度に専門的な化学まで幅広い物質科学の知識と技術を修得するための2,3年生の基礎的各専門科目に必要な基本事項と基本操作を身につける役割を持ってカリキュラムを編成している。1年前期に履修することが望ましい。

授業内容

この講義では、配布するテキストに沿って、実験・演習形式で進める。実験では、基本事項と操作として、化学実験の基本(マナー、身嗜み、実験室の使い方、危険物、廃液処理)、ガラス器具(種類、用途、使用方法、洗浄方法)、天秤の使用方法、試薬の扱い方と廃液処理、目盛りの読み方、溶液の調製方法、滴定、加熱の方法(バーナー)、分離操作(濾過、分液)、ガラス細工(ガラスの切断、キャピラリーの作成)について実施する。実験講義として、数値の取り扱い、濃度の表し方、実験ノート及びレポート作成、参考文献の調べ方、記述の仕方、図表の作り方の基本を習得する。

授業計画

各回の講義内容は一応次のように予定しているが、4グループにわかれてローテーションするため若干前後する場合もある。
予習として①指定されたテキストの該当頁を読んでくること、②わからない用語について調べておくことの2点が不可欠である。
また復習として各講義ごとに課題やレポートが出されるので回答することが必須である。
なお、予習・復習合わせて各回あたり役4時間の自己学習を想定しているが、GWなどを利用して複数回分をまとめて行ってもよい。
1.オリエンテーション 実験・演習の目的説明、グループ割、グループごとの実験スケジュール説明、資料配布、アンケート。
2.化学実験の基本(マナー、身嗜み、実験室の使い方、安全について)(テキスト1-1)
3.試薬の扱い方と廃液処理、目盛りの読み方、溶液の調製方法 (テキスト1-2)
4.実験ノート及びレポート作成について(実験ノートの書き方―予習段階で記入する項目、実験中に記入する項目、実験後に記入する項目)、レポートの書き方(基本事項、記載項目)(テキスト1-3、1-9)
5.情報検索について、参考文献の記述の仕方、図表の作り方(テキスト1-5)
6.数値の取り扱い(有効数字、測定値、誤差、収率の計算、単位)(テキスト1-6)
7.演習1 濃度 (テキスト1-4)
8.演習2a 文章作成に慣れる (説明文の書き方)(テキスト1-7)
9.演習2b 文章作成に慣れる (要約文の作製)(テキスト1-8)
10.基本操作1 器具の種類、用途、取り扱い、洗浄 (テキスト2-1)
11.基本操作2 ピペットとビュレット操作実習 (テキスト2-2)
12.基本操作3 簡単なガラス細工と溶液の調製実習 (テキスト2-3)
13.基本操作4 分離操作実習(ろ過、抽出)(テキスト2-4)
14.実験 中和滴定(テキスト2-5)

授業運営

小人数教育による教育効果の向上を目指し、演習・実験はグループ制により実施し、1回のテーマは30人以下のグループ毎に行う。また各実験・演習の実施は基本的には1人で行う。実験時には白衣、保護めがね、また毎回関数電卓を持参して講義を受ける。講義中の私語、飲食は厳禁。携帯電話の電源を切って講義に参加のこと。

評価方法

演習、実験の出席、取り組み姿勢60%、レポート等提出物40%で評価する。授業の取り組み姿勢は授業の予習をしてきたかによって評価する。講義、実習、実験、演習を含め4回以上欠席した者は評価の対象としない。

オフィスアワー

質問や指摘は講義中および水曜1、2限 2-110で受け付ける。

使用書

『Safety manual 理学部安全マニュアル』2015
ガイダンスで配布するテキストともに使用する。

参考書

『実験を安全に行うために』第7版[化学同人]2006
化学同人編集部編『実験データを正しく扱うために』第1版[化学同人]2010
日本化学会編『これだけは知っておきたい 化学実験セーフティガイド』第1版[化学同人]2006

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.